NEW

ポイント40%還元も…PayPayで稼ぎまくるテク!年末年始はネット通販で貯めまくり

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,

 対象店はウエルシア、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、薬王堂などほぼすべてのドラッグストアなので、地域によらずに恩恵は受けられるはずだ。付与上限は2000円相当なので、5000円ほどの買い物をすれば上限マックスまで獲得できる。日用品は腐らないので、来年分のストックをしておいてもいいだろう。

 さて、日用品が揃ったところで飲み物でも買おうと思うが、流れでドラッグストアで買ってはいけない。PayPayでは伊藤園とのコラボキャンペーンを行っており、対象自販機で支払いをすれば10%還元を受けられる。期限は12月31日まで、付与上限は500円相当であるため、150円の飲料であれば約33本まではお得に買うことができる。近くに伊藤園の自販機があったらぜひ行ってほしい。

最大20%還元が受けられるネットショップが数十店

 地域がかなり限定されるが、長崎県付近の在住者には朗報だ。PayPayとJ2のV・ファーレン長崎がコラボ中で、V・ファーレン長崎のホームゲーム試合会場で最大10%還元のキャンペーンが受けられる。トランスコスモススタジアム内のすべての加盟店が対象だ。

 外出時でのお得ポイントはこのくらいだが、PayPayのポイント稼ぎは家に帰ってきてからが本番だ。PayPayでは「ペイペイジャンボ」なるキャンペーンを1月11日まで開催中。これは対象ストアのネット利用で全額が返ってくる抽選権や、最大で20%の還元が受けられるもの。

 抽選での付与上限は10万円相当で、コミックシーモアやグローバルワーク、ノジマなどが加盟している。また最大20%還元(付与上限5000円相当)のショップは数も多い。ショップによって還元率は異なるが、20%還元はイーブックジャパン、ミクシィゲームなど。10%は大阪王将公式通販、サンドラッグ、レコチョク、サンプル百貨店など。5%還元では吉野家公式通販ショップなどがあるため、年末年始に引きこもる人は、食料をネットで買いだめしたほうがお得だ。

「ペイペイジャンボ」のミッションが完了すれば、最後はふるさと納税である。PayPayは「さとふる」とのキャンペーンを実施中。「さとふる」上でPayPayを使ってふるさと納税を行うと3%戻ってくるのだ。3%還元は12月31日までの2020年度分で、付与上限は1回につき15000円だ。

 ちなみに、1月1日〜11日までの2021年度分では5%が還元されるので、こちらを待つという手もある。ポイントももらえて、返礼品も選べて、節税にもなるのだから利用しない手はない。

 ステイホームの潮流を意識してか、PayPayのキャンペーンはネットショップにシフトしている気がする。年末年始はコロナの感染に注意しながら、賢くPayPayで得をしてほしい。

(文=清談社)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合