NEW

無印良品、寒い冬に重宝する厳選5品…利用者絶賛の最新ハンドクリーム&ブークレ手袋

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
無印良品、寒い冬に重宝する厳選5品…利用者絶賛の最新ハンドクリーム&ブークレ手袋の画像1
無印良品の店舗

 衣料品、生活雑貨、食品など7500種類以上のアイテムを取りそろえる「無印良品」。もともとはスーパーマーケット西友のプライベートブランドとして1980年にスタートし、今では計1029店舗(2020年8月末時点)を展開する大規模雑貨チェーン店となっている。

 運営元である株式会社良品計画の2020年8月期(3~8月)連結業績を見てみると、売上高が前年同期比17.2%減の1789億円、純利益は169億円の赤字を記録。しかし、四半期ベースで見てみると、第2四半期(6~8月)の売上高は前年同期比3.3%減まで減収幅を縮め、回復基調となっている。コロナ禍の荒波を乗り超え、夏以降はなんとか回復に転じているようだ。

 そんな無印良品の豊富なアイテムのなかから、今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この冬、買うべき無印良品の商品5選」をリストアップ。さっそく紹介していこう。

3種の植物オイル ハンドクリーム 50g/750円(税込、以下同)

無印良品、寒い冬に重宝する厳選5品…利用者絶賛の最新ハンドクリーム&ブークレ手袋の画像2

 初めに紹介するのは、今冬の新商品である「3種の植物オイル ハンドクリーム 50g」。ハンドクリームは女性が使うものと考えている方もいるかもしれないが、現在は男女問わず手を乾燥から守るためにハンドクリームを利用する方は多いのだ。

 さて、「3種の植物オイル ハンドクリーム 50g」は緑藻、ホホバ、オリーブという3種の植物オイルを配合。その天然うるおい成分が、手肌をしっとりなめらかに変えるという。

 新商品ながら早くも評判を呼び、インターネット上の口コミでは「しっとりするけどベタつかない。塗ってすぐスマホが触れるので便利」「伸びやすいクリームで、匂いもとてもいい」など賞賛の声が多数あがっている。ハンドクリームを塗ることによる手のベタつきが気になる方は多いだろうが、その問題点を解決できたことは本品の大きなストロングポイントといえるだろう。

 また、つけた直後は、オリーブと植物の葉がブレンドされたような香りが漂う。そして、手に馴染んでからは心のやすらぎを誘うような、植物由来の落ち着いた匂いがほのかに香ってくるのである。冬のこの時期、乾燥で悩んでいる方はぜひ試してみてほしい。

ブークレタッチパネル手袋 フリーサイズ・黒/990円

無印良品、寒い冬に重宝する厳選5品…利用者絶賛の最新ハンドクリーム&ブークレ手袋の画像3

 冬のマストアイテムである防寒グッズのなかでも、この「ブークレタッチパネル手袋」は特におすすめだ。フランス語で「輪」という意味のブークレとは、表面に糸の輪が出るように加工された生地のこと。特に女性に人気で、カーディガンやスヌードの素材としてよく使われている。しかし、本品は使い手を選ばないシンプルなデザインの手袋であるため、性別関係なく使用できるのが嬉しいポイントだろう。

 肝心の使い心地としては、ブークレの柔らかい感触によって装着感に優れている点がまず挙げられる。さらに伸縮性がとても良く、装着しながらでもごく自然に指を動かすことができるのも素晴らしい。また、手首部分がやや長いつくりになっているので、手首の上の、裾で隠れる部分まで深く装着できるので防寒面でも申し分ない。

 そしてネット上には、「うまく反応しないスマホ対応手袋が多いなか、反応がよく、操作しやすい」といった評価もあった。実際に装着してスマホを操作したところ、確かにコンビニで売られている同価格帯のものよりも正確な操作が可能で、フリック入力も問題なくできた。990円というコストに対するパフォーマンスとしては、すべてにおいて優れた手袋といえるだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合