NEW

「帰りたくない…」佐々木希が本音吐露 渡部建『ガキ使』お蔵入りは“未定”だった

文=編集部

 また、テレビ局関係者はいう。

「10月に佐々木が出演したあるイベントで、開始前にトップコートのスタッフからマスコミに“今日は佐々木への声かけはなしで”という要請がなされました。つまり“渡部の件については質問NG”という意味ですが、この件に象徴されるように、渡部のスキャンダルをめぐるトップコートの気の遣いようは、世間の想像以上のものなんです」

 渡部からひどい仕打ちを受けた佐々木だが、それでも渡部との結婚生活を継続する意思を貫き、最近ではバラエティ番組などに出演する機会も多い。

 そんな佐々木が“意味深な発言”をしたと話題になっているのが、11日に放送されたテレビ番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系)内でのあるシーンだ。番組にゲスト出演した佐々木は、プライベートでも親交の深い演歌歌手の藤あや子と共に、2人の故郷である秋田県を訪問。佐々木が行きつけのラーメン屋や居酒屋などを回り、藤との“女子トーク”を展開した。

「故郷に帰り、さらに仲が良い藤と一緒だったためか、佐々木は終始リラックスして、のびのびと楽しそうな様子をみせていました。居酒屋では『まさか今日、お酒飲むんですか?』『飲みたいですねー』と言い、日本酒をぐいぐい飲み、ロケの最後では『楽しくて(東京に)帰りたくない。明日もやりたい』など言う場面もみられました。

 6月に渡部の不祥事が発覚以降、半年近く怒涛の日々を過ごしてきた佐々木だけに、久しぶりに故郷で開放的な気分になったのか、『帰りたくない』というのは心の底から出た本音のように聞こえました」(週刊誌記者)

 その佐々木の“心の声”に、渡部は何を思うのだろうか――。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合