ほしのあき、優木まおみ、原幹恵、小野真弓…消えた人気グラビアアイドルの意外な今の画像1
ほしのあき(「Wikipedia」より)

 若さを武器に、男性の視線を集めるグラビアアイドル。しかし、その路線で売り出しても、いつかは人気が廃れていくものだ。そこで今回は“消えたグラドル”の今を追ってみた。

“最年長グラドル”の40代とは思えない色香

「最年長グラビアアイドル」を自称し、アデランスのCMでは「電話してほしーの」と茶目っ気たっぷりに“おねだり”していたのが、ほしのあきだ。グラビアやCMのみならず、バラエティにドラマと八面六臂の活躍をしていたのだが、なぜ消えたのだろうか?

「ご記憶の方も多いとは思いますが、2012年12月、彼女はいわゆる『ペニーオークション(ペニオク)詐欺事件』に関与していた疑いで、警察から事情聴取を受けました。このオークションサイトは参加者が入札してもほとんど落札できないシステムになっており、入札者から手数料をだまし取った運営会社の社員4人が逮捕されています。ほしのも、30万円の紹介料を受け取った上で空気清浄機を1080円で落札したとブログで紹介。当時、物議を醸していたステルスマーケティング、いわゆるステマではないかと非難されたこともあり、その後は実質、活動休止に追い込まれています」(芸能ライター)

 そんなほしのは、今どうしているのだろうか?

「騒動の1年前の11年に13歳年下のJRA騎手・三浦皇成と結婚し、翌年には第1子を出産しています。現在43歳ですが、昨年1月に東尾理子の自宅を訪れた際に、東尾がブログで『あきちゃん、ほんとに明るくて若くて綺麗で 顔を近づけて見て、見惚れてしまいました』と、ほしのとの2ショット写真とともに彼女を絶賛していました。確かに、かわいさに色っぽさが加わり、40代とは思えない美貌をたたえています」(同)

“エロかしこい”でブレイクした優木まおみ

 国立大学卒の知性を武器に「エロかしこい」のキャッチコピーで大ブレイクしたのが、優木まおみだ。優木の大活躍により、所属する生島企画室(フリーアナウンサー・生島ヒロシが設立)は10億円の借金を完済できたとも言われる。

「彼女は、とある大物芸人の愛人ではないかと言われたこともありました。そういえば、妙なキャスティングをされた特番がありました。その彼が司会を務めていたバラエティだったのですが、出ている女性タレントが、彼と愛人疑惑のある人物ばかりだったのです」(テレビ局関係者)

 今となっては確かめようもない“噂”だが、それはさておき、現在はどうしているのだろうか?

「13年に3歳年上の美容師と結婚し、2児をもうけてママタレとして活動しています。また、ピラティスのインストラクター資格を取得したり、オンラインによるボディサロンを開いたりと、美と健康に力を入れているようです。また、12月11日には、公式YouTubeチャンネル『Maomi CHANNEL』を開設しました」(前出の芸能ライター)

突然の休業宣言から3年…デート報道の原幹恵

 グラビアにとどまらず、『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)の腰元や、ドラマ『キューティーハニー THE LIVE』(テレビ東京系)などで女優としても活躍していたのが原幹恵だ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合