生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「日本のスマホ代は高すぎる!」という衝撃のCMとともに、格安スマホ業界からキャリアへと殴り込みをかけた楽天モバイル。その言葉に呼応するように国も既存の3大キャリアに携帯料金の値下げ要請の圧力を強め、各社とも対応に追われている状況だ。そんな中で、発端とも言える(?)楽天モバイルが何をしているかというと、ひっそりとサービスエリアを拡大しているのだった。
今回は、大きく変わるキャリア業界の中で、これから楽天モバイルがどんな未来を歩むことになるのかを考えていきたい。

スマホ代の値下げに注目が集まった2020年

 2020年9月に菅義偉内閣総理大臣の発言でも注目を集めた「携帯料金の値下げ」。菅総理は官房長官時代からこの件について言及しており、総理となってさらにその勢いは加速し国民の世論も「値下げせよ」といった風潮が強まった。  しかし大手キャリア3社のうち、現在までにdocomo以外は有効な方向性を示せていない状態だ。とくにauは、SoftBankと足並みを揃えるように「サブブランドでの値下げ」でお茶を濁したうえに、その後発表したau本体での新プランは多数の「〇〇割」を加味し…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合