高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

年末年始は『アサシン クリード ヴァルハラ』三昧だ…なぜ、こんなに楽しいのか?

 さて前回に引き続き、本稿では『アサシン クリード ヴァルハラ』(PS5/PS4/XSX/XSS/ONE/PC)についてお伝えしていきます。

 ファンタジーRPGや歴史エンタメをお好きな方が、この年末年始にじっくりとプレイするのにぴったりな内容の本作。発売当初は表現規制に関する「不透明さ」が話題になりましたが、12月15日には表現規制に関するアップデートが行われ、以前よりも開発側の意図に近いビジュアルを楽しめるようになりました。またいくつかのバグも修正され、発売直後よりも、むしろこれからが遊び頃のソフトといえるかもしれません。

 作品に関する概要から知りたい方は、ぜひ前回の記事もご覧ください。

 中世暗黒時代のイングランドにおけるヴァイキングの冒険、そして戦いを描く本作。ヴァイキングらしいパワフルな戦いを自分の手で生み出していく爽快感は、ほかでは味わえない独自のものとなっています。

 主人公エイヴォルが扱う武器はヴァイキングを象徴する「鉤付き斧」をはじめ、「槌(ハンマー)」、両手持ちの「デーン斧」や「槍」、鎖の先にスパイク付き分銅が付いた「連接棍」などなど。普通のRPGなどでは悪役側が使うような武器が多いような気もしますが(笑)、どれも使い心地が異なり、プレイヤーを飽きさせません。

 なかでも連接棍の使用感は特筆すべきもの。敵が持っている場合は鎖をブンブン振り回してきて、近づきにくく厄介なのですが、自分で入手して「やりかえす」とじつに楽しい! 記事を書くために別の武器を試していなかったら、連接棍だけを使い続けていたかもしれません(笑)。

 ちなみにアクションゲームがあまり得意でない方は、リーチが長く、素早い攻撃が可能な槍を入手してみてください。戦いがだいぶ楽になるはずです。さらには素手でも戦うことが可能で、同じくヴァイキングの時代を描いた漫画/アニメ『ヴィンランド・サガ』の主人公の父親・トールズのように、相手をできるだけ殺さない戦い方までできてしまいます。

 そして本作は『アサシン クリード』シリーズの最新作でもあり(アサシンとは暗殺者のこと)、さまざまな手段で敵を暗殺できることも大きな魅力。忍び寄って急所を刺す、高所で待ち伏せして飛び降りつつ葬る、ヴァイキングらしく手斧を投げて仕留めるなど、そのバリエーションは多彩です。相手の頭上にある石材を落下させて暗殺するなど、プレイヤーの観察力によって思わぬ方法を発見できることも。

 果ては相手を背後から高々と持ち上げ、地面に叩きつけて暗殺するといった(暗殺なのだろうか?)、パワフルな仕留め方まであります。

 ヴァイキングと暗殺はなんとなくミスマッチに感じるかもしれませんが、メインストーリーに関係する戦いでは、主人公がヴァイキングの戦士団を率いて「城攻め」を行う機会が多々あります。味方に無駄な犠牲を出さず敵城内に導くためには、破壊と死をまき散らすデーン斧よりも、隠密行動と暗殺が役立つことも多いわけです。もちろん、あえてデーン斧を選んで戦う自由があることも、この『ヴァルハラ』の素晴らしいところですが!

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

連載

ビジネス

総合

SNS