【完了】ドンキ、今冬買うには要注意な商品5選…脂っぽいドライカルパス、コスパ悪いタオルの画像1
MEGAドン・キホーテの店舗

 1989年3月に1号店を構えてから、30年以上もの歴史を積み重ねてきたディスカウントストア「ドン・キホーテ」。日本国内だけでなくアメリカやシンガポールにも出店しており、2020年12月1日現在のグループ総店舗数は635店に上るという。

“驚安の殿堂”と掲げているとおり、販売されている商品の低価格ぶりが特徴のドンキ。2020年11月20~29日には、特製福袋や日替わりで限定特価商品を販売する「MEGAブラックフライデーセール」を開催して注目された。

 そんなドンキには「情熱価格」というPB(プライベートブランド)が存在している。衣類や日用品、生活雑貨、食品、さらには家電まで揃えている充実のラインナップで、基本的には安さと優れた品質を両立させたアイテムばかりなのだが、なかにはコスパやクオリティに問題がある商品も散見される。

 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、ファミリー向け店舗「MEGAドン・キホーテ」で販売されている情熱価格商品を独自にリサーチ。「この冬、買ってはいけないドンキ5品」をピックアップした。

洗たく槽クリーナー/178円(税別、以下同)

【完了】ドンキ、今冬買うには要注意な商品5選…脂っぽいドライカルパス、コスパ悪いタオルの画像2

 冬といえば大掃除の季節。この時期に家のあちこちを一気にきれいにするという方も多いだろう。情熱価格には掃除用のアイテムが数多くラインナップされており、「洗たく槽クリーナー」もそのひとつだ。

「洗たく槽クリーナー」はその名の通り、洗濯槽の汚れを漂白・分解してくれる洗浄剤。1回の掃除に1本使い切る量になっており、全自動、乾燥機付き全自動、ドラム式、二層式洗濯機のステンレス槽、プラスチック槽に対応していることが特徴である。実際に使用した結果、今まで見えなかった汚れが落ちてその効果を実感することができた。

 では、なぜ「洗たく槽クリーナー」を“買ってはいけない”商品に挙げたかといえば、その理由は、使用後のニオイにある。塩素系液体タイプの洗浄剤となっているため、洗濯槽に塩素のニオイが残ってしまうのだ。ニオイに敏感な方、塩素系のニオイが苦手だという方は買い控えたほうがいいだろう。

貼らないカイロ/198円

【完了】ドンキ、今冬買うには要注意な商品5選…脂っぽいドライカルパス、コスパ悪いタオルの画像3

 記録的な暖冬と言われていた昨冬とは打って変わって、冬らしい寒さになっている今冬。防寒対策を怠らず、体調を崩さないよう気をつけたいところだ。

 さて、手足や体の冷えを和らげるために、冬の季節はカイロを使うという方も多いだろう。だが、2020年1月9日付当サイト記事『ドンキ、安いけど“大不評な”商品5選…撮影しづらいドラレコ、水に弱い「防水」絆創膏』でも紹介した「貼らないカイロ」は、あまりおすすめできないため、今回も紹介しておきたい。

「貼らないカイロ」の欠点は、すぐに暖かくならないことと、温度があまり高くならないことにある。熱すぎるカイロを買いたくないという方にはちょうどいいアイテムだが、開封してすぐに暖まりたい、カイロは温度の高さを重視して選びたいという方は、ほかのカイロを購入したほうがいいだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合