国内店舗数だけでも2万1038店舗(2020年11月末時点)を展開する、コンビニ業界最大手のセブン-イレブン

 新型コロナウイルスの影響により客足が遠のいたこともあったのか、セブン-イレブン・ジャパンが発表した2020年11月度・既存店売上高は、前年同月比97.6%と減少傾向となっているが、今後の巻き返しに期待したいところだ。

 さて、近年は特にフード商品のクオリティ向上が目覚ましいコンビニ業界だが、そんななかでもセブン-イレブンは頭一つ抜けているという評もある。そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、セブン-イレブンで「この冬、買うべき食品」を5つセレクト。冷え切った身体を温めてくれるようなスープパスタや、名店が監修した絶品チャーシュー麺、本格おつまみやアイスクリームまで、幅広いラインナップで紹介していこう。

アンデイコ ピスタチオプリンアイスバー/181円(税込、以下同)

セブン-イレブン、“レストラン並み”絶品商品5選…チャーシュー麺、ボンゴレパスタの画像1

 2020年のコンビニ界では、ピスタチオを使用したスイーツが推されていた印象を受けるが、特にSNSユーザーなどから好評を博していたのがこの「アンデイコ ピスタチオプリンアイスバー」だ。ピスタチオ味の再現度の高さだけではなく、中に入っているミックスベリーソースの酸味が良いアクセントとなっているこちら。SNS上でも「ラズベリーテイストのソースとピスタチオのハーモニーが絶妙」「ねっとりとした食感が好き」といった声が挙がっている。

 一口かじると、ピスタチオの濃厚な旨味とコクが口いっぱいに広がり、非常に美味。ねっとりとした食感があるので、食べた後も満足感が残るが、不思議と後味はさっぱりとしているのである。手頃な181円という価格も嬉しいこの新食感アイスクリーム。ピスタチオ好きの人はもちろん、そうでない人も、これを機にピスタチオブームに乗ってみてはいかがだろうか。

海老とマッシュルームのアヒージョ風/311円

セブン-イレブン、“レストラン並み”絶品商品5選…チャーシュー麺、ボンゴレパスタの画像2

 プリっとした大振りの海老、ブロッコリー、マッシュルームに、アンチョビソースを合わせた冷凍食品「海老とマッシュルームのアヒージョ風」。アンチョビとにんにくの風味、さらに唐辛子のピリッとした辛さが楽しめる一品だ。SNSでは「本格的で美味しい」「パンと一緒に食べるのがおすすめ」といった意見が挙がっている。

 前述したように、海老そのものが大ぶりなのがポイント。また、一緒に入っているブロッコリーとマッシュルームのサイズも大きく、レストランで提供されても不思議ではないと感じるレベルで高級感あふれる味わいとなっているのである。冷凍食品なので保存がきくのもメリットだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合