NEW
小林敦志「自動車大激変!」

スズキ「ソリオ」とトヨタ「ルーミー&タンク」が“どちらも売れ続けた”新車販売の裏事情

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, , , ,

ソリオとルーミー&タンクのニーズの違いとは

 その理由には、まず両車の登場の背景の違いが大きいことが挙げられる。前述したように、ソリオの源流はワゴンRの登録車版であるワゴンRワイドとなっている。つまり、「ワゴンRもいいけど、このコンセプトで登録車版があればなあ」というユーザーに向けたものと考えられる。オリジナルモデルとなって以降も、“軽自動車より少し大きいMPV(多目的車)が欲しい”というニーズをメインに売れていたと考えられる。

 一方で、ルーミーやタンクは、子育てをしていたときに「ノア」などのミニバンに乗っていたが、子どもたちも大きくなり独立したので、所有車のダウンサイズをしたいというニーズへ向けた販売促進での存在感が大きいという話を、以前に販売現場で聞いたことがある。

 もともとスズキは軽自動車販売にも熱心であり、所有車の“アップサイズ”を希望する軽自動車ユーザーの受け皿的存在も強いのがソリオであり、ノアなどミニバンからのダウンサイズを希望するユーザーの受け皿がルーミー系というラインナップになっている。そのため、ユーザー層が被らないのではないかと判断できる。

 軽自動車ユーザーにとってスズキやダイハツの存在は大きいものだが、トヨタや日産、ホンダユーザーからは“軽自動車のメーカー”という認識を持たれる傾向が、いまだに目立つ。

 たとえば、筆者はたまに「おすすめのコンパクトカーってどれ?」みたいなことを聞かれる。そこで、トヨタ「ヤリス」、日産「ノート」、ホンダ「フィット」、マツダ「デミオ」あたりの車名を出しながら「スズキ・スイフトはなかなかいいですよ」と伝えると、「スイフト?」という反応をされることがある。あくまで主観的な部分なのだろうが、“スズキ=軽自動車”というイメージが強い人には、やはりスズキの登録車は一瞬考えてしまう部分があるようだ。

 アメリカ大統領選挙では“分断”という言葉が報道でよく使われていたが、新車購入の世界にも、“分断”という表現まではいかないものの、登録車を乗り続ける人と軽自動車を乗り続ける人の間には、ある種“見えない壁”のようなものが存在するといってもいいだろう。そのため、軽自動車に興味があってもスズキやダイハツの軽自動車をなかなか現実的な選択肢として受け入れられない人も目立つので、その両社には及ばないものの、ホンダや日産の軽自動車がそこそこの販売実績をあげることができるのである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合