帰省前に人気殺到、民間PCR検査サービスを受けてみた…2900円、たった5分で終了の画像1
「Getty images」より

 新型コロナウイルスのPCR検査が格安で受けられる民間サービスが東京都内で相次いで開始され、大きな注目を集めている。年末年始の帰省前などに「少しでも感染拡大の可能性を低減したい」との思いから、多くの予約が殺到しているという。

 一方、厚生労働省や大手メディアは、こうしたサービスには陽性判定が出ても都道府県への届け出義務がない点や、施設の感染対策や検査精度のばらつきなどについて懸念があると指摘している。果たして、実際どうなのか。受診者に話を聞いた。

検査時間は5分、結果は翌日メールで

 12月25日、東京都内の施設で民間のPCR検査サービスを受けた30代男性会社員は次のように語る。

「帰省するのにあたって、少しでも感染対策をしたいと思って受けました。予約は、あとから考えればギリギリのタイミングだったようで、とりあえず自分の分だけ予約した後、家族の分も受けようとしたらしたら、すでに予約できない状況でした。

 Twitterなどでは検査会場に行列ができている様子の写真がたくさんアップされていて、混んでいたら嫌だなと思っていたのですが、実際はそうではありませんでした。

 予約時間の20分前ほどに着いてしまったのですが、会場の受診者は4~5人くらいでした。予約時間前でしたが、スムーズに受付してもらい、5分程度で検査は終わりました。受付は3ブース、案内係を含めて4人くらいスタッフがいました。いずれも、きびきびした動作で、ぎこちなさはなく、よく訓練されているように見えました。ちなみに会場に入る際の検温や発熱などの症状を聞く問診はありませんでした。

 パーテーションで区切られたカウンターがあり、壁にはすぐ唾液が出るようにレモンと梅干しの写真が貼ってありました。唾液を自分でプラスチック容器に入れ、ビニール袋に入れ、受付に提出して検査は終了です。翌日に検査結果がメールで届くと説明がありました。

 費用は2900円(税抜き)で支払いはPayPayかカード払いで現金は不可で、スムーズでした」

 ちなみに男性が受診したサービスは、医療法人が監修しているという。

店舗来店型の検査だと検査会場で感染の懸念?

 一方、厚生労働省関係者はこうした民間PCR検査に渋い顔で次のように語る。

「カタログスペックでは、このPCR検査は国立感染症研究所の検査法と陽性一致率及び陰性一致率ともに100%となっています。保健所の指導の下、受ける検査と大きな差は出ないとは思います。つまり、どうしても偽陽性、偽陰性の誤差が出ます。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合