水溜りボンドがオワコンと言われる理由…再生数激減で10~20万前後と停滞の画像1
トミーInstagramより

正解のないWEBマガジン〜wezzyより】

 トップYouTuber・水溜りボンドが絶不調だ。メインチャンネルはチャンネル登録者数428万人にもかかわらず、最近の動画再生数は10~20万前後をウロウロ。登録者の2~4%程度しか水溜りボンドの動画を見ていないことになる。カンタはプロフィール欄に「430万人突破」と書いたのもつかの間、慌ててその文字を消してしまった。

 水溜りボンドのキャッチコピーは「発想重視の2人組YouTuber」。青山学院大学のお笑いサークルで出会った2人は、2014年10月に「動画配信ならライブ会場まで来てもらわなくても自分たちのネタを気軽に見てもらえる」と、YouTubeに動画を投稿し始めたという。

 架空請求業者同士を電話で喧嘩させたり、カンタが犯罪者として捕まる様子をテレビニュースさながらに作りこみ相方のトミーに見せて仰天させたりと、オリジナリティのある斬新な企画を次々とヒットさせ、トップYouTuberと呼ばれるまでに成長した2人。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合