NEW
活動21年間の「嵐ドラマ」を振り返る【櫻井翔・編】

櫻井翔ドラマのベストは?『家族ゲーム』の異常性と『木更津キャッツアイ』の凡庸さの背景

文=編集部
【確認中】櫻井翔ドラマのベストは?『家族ゲーム』の異常性と『木更津キャッツアイ』の凡庸さの背景の画像2
2010年に メディアファクトリーから発売された、ドラマ『木更津キャッツアイ』のBlu-rayボックスセット。2002年、TBS系列にて全国テレビ放映され、その後「日本シリーズ」「ワールドシリーズ」と2度に渡り映画化された大ヒットドラマ。

クドカン『木更津キャッツアイ』のバンビの“普通さ”を的確に演じてみせた櫻井翔

 自身に求められているものがなんなのか見極める櫻井の分析力は、コメディタッチの強い作品でも発揮されている。

 宮藤官九郎脚本の大ヒットドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)で、草野球チーム“木更津キャッツ”のメンバー・バンビを演じた櫻井。“木更津キャッツ”には、悪性リンパ腫で余命半年のぶっさん(岡田准一)、モヒカン刈りで吃音気味のうっちー(岡田義徳)、爆発頭で妻の尻に敷かれているマスター(佐藤隆太)、ニートでギャンブラーのアニ(塚本高史)といった、個性的でわかりやすい特徴を持つキャラが勢ぞろいしているが、バンビは着物を普段着とした童貞キャラの大学生。他の4人に比べるとややインパクトに欠ける、平凡なキャラクターだ。

 ただ、バンビも他のメンバーに比べて自身が常識的であることを自覚しており、ゆえにメンバーとの間に微妙な距離感を覚え、ほんの少しだけもどかしさを感じているような様子もある。とはいえ、振り切って秘められたキャラを解放するわけでもない。仲間との時間を楽しみつつも、それに染まりきることはなく、“普通っぽさ”をどこかで匂わせ続けている。こうして、本来基準が曖昧な“普通”という特徴をうまく表現できているのは、櫻井がバンビというキャラクターを的確に分析していた結果なのだろう。 

 このところは、キャスターや司会としての活動が多かった櫻井だが、2021年4月クールの広瀬すずの主演ドラマ『ネメシス(仮題)』(日本テレビ系)に出演が内定していると「文春オンライン」が伝えている。嵐としての活動はいったん休止となるものの、2017年10月クールの『先に生まれただけの僕』以来、3年半ぶりとなる櫻井の連ドラ出演にファンの期待は高まるばかりだ。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合