NEW

『麒麟がくる』芦田愛菜が演じる細川ガラシャ、忠興とのちょっと“異常な”夫婦仲

文=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】, , , ,

 これは、罪のない者を簡単に殺めてしまう忠興を鬼と揶揄して、遠回しに忠興の行いを咎めている。忠興を恐れるでもなく、直接異論を唱えるでもなく、しっかりお灸を据えることができたのは、玉が忠興の扱い方を知り尽くしていたからだろう。決して憧れの夫婦とは言えないが、ある意味お似合いだったのかもしれない。

洗礼を受けてガラシャに…忠興は激怒

麒麟がくる』では本能寺の変以降の話はないだろうが、玉が洗礼を受けてガラシャとなったことなどにも触れておきたい。

 天正10年(1582年)に光秀が本能寺の変を起こして、玉が謀反人の娘となると、忠興は丹波の山奥に閉じ込めた。2年後に豊臣秀吉のとりなしで幽閉を解かれて細川家へ戻ることができたが、玉はこの間にキリスト教にのめり込む。そして、忠興が九州征伐で留守にしている間にキリスト教の洗礼を受けて、ガラシャという洗礼名を授かった。

 通常、キリスト教に入信する際は教会に行って神父から洗礼を受けなければならないが、この頃の玉は外出禁止の上に、男性と会うことも禁止されていた。そのため、玉はあの手この手を使って、先に洗礼を受けていた侍女の清原マリアから洗礼を受けたのだ。

 この頃、秀吉がキリスト教禁止令を出していたこともあったため、戻ってきた忠興は大激怒。玉に改宗を迫るが、従わないことがわかると、洗礼を受けた侍女たちの髪を切って仏教寺院へ送り、家老や家臣たちは監視不十分ということで追放。さらに、体が弱かった三男の光千代も洗礼を受けていたことを知ると、光千代の乳母の鼻を削ぎ、耳を切り落としたと言われている。

 聡明で夫の性格をよく知っている玉が、忠興の仕打ちを想像できなかったはずはない。しかし、どうしてもキリスト教徒になりたいという気持ちが上回ったのだろう。

女好きの秀吉の誘いをサラリとかわす

 美女と聞けば声をかけずにいられない秀吉が、美しい賢女として知られる玉に興味を持つのも仕方のないことだった。信長が亡くなり、天下人となった秀吉は、四国征伐や九州征伐の間に「留守見舞い」と称して、大名家の妻たちを大阪城に呼んでいた。もちろん、目的は夜伽の相手をさせるため。

 前々から秀吉の呼び出しを恐れていた忠興の心配は的中して、ついに玉にも留守見舞いの使いがやってくる。忠興の玉狂いを知っている家来や侍女たちはあわてふためいたが、玉はそれを制して、おとなしく大阪城へ向かった。そして、にこやかに迎える秀吉にひれ伏した際に、胸元から懐刀が落ちた。すぐに失礼を詫びたが、興ざめした秀吉は玉を帰らせたという。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合