三菱銀行出身者しか頭取にしてはならぬ!半沢頭取に沸く三菱UFJ銀行の“鉄の不文律”の画像1
2020年12月24日、三菱UFJ銀行は東京都千代田区内で記者会見を催し、現在同行の常務執行役員を務める半沢淳一氏が次期頭取に就任する人事を発表した。就任は2021年4月1日。写真は左より三菱UFJフィナンシャル・グループの亀沢宏規社長、半沢淳一氏、三菱UFJ銀行現頭取の三毛兼承氏。(写真:毎日新聞社/アフロ)

またもや、“三菱銀行出身者”が頭取に就任

 TBSドラマのあの「半沢直樹」のモデルと噂されていた半沢淳一氏が、三菱UFJ銀行の次期頭取に内定したとの報道が駆け巡った。

 小説『半沢直樹』シリーズの著者で、半沢氏と同期入行の池井戸潤氏は、半沢氏がモデルであることをやんわり否定しているが、ともあれ、三菱UFJ銀行のイメージアップに寄与することは間違いない。

 三菱UFJ銀行(旧称・三菱東京UFJ銀行)は、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併してできた銀行である。さらにいえば、東京三菱銀行は1996年に東京銀行と三菱銀行が、UFJ銀行は2002年に三和銀行と東海銀行が合併してできた銀行なので、母体の銀行は4つあるのだが、この銀行は誕生以来、ただひとりを除いて、すべて三菱銀行出身者が頭取に就いている。

 たとえばみずほ銀行の場合、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行出身者がほぼ交互に頭取を務めている。しかし、三菱UFJ銀行は基本的に、三菱銀行出身者しか頭取に就いていないのである。

三菱銀行出身者しか頭取にしてはならぬ!半沢頭取に沸く三菱UFJ銀行の“鉄の不文律”の画像2
【戦後の三菱銀行~三菱UFJ銀行 歴代頭取】
※三菱銀行は1919年に三菱合資会社銀行部を分離独立して誕生した。 慶応義塾の大学移行は1920年、それ以前は大学ではなく、専門学校扱いだった。

「三菱銀行以外」からの出身者のカラクリ……“血”はむしろ非常に濃い三菱系

 三菱銀行が東京銀行と合併してできた東京三菱銀行の初代頭取は、東京銀行頭取の高垣佑(たかがき・たすく)だった。

 その高垣が唯一の例外である。それ以降、東京三菱銀行(三菱銀行)は、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)と経営統合しようが、UFJ銀行と合併しようが、頭取の席は他行出身者に譲らず、かたくなに三菱銀行出身者が守り通してきた。まことにアッパレというほかない。

 しかも、その“唯一の例外”さえ、非常にグレーなのだ。

 高垣佑の父は、高垣勝次郎といって旧三菱商事最後の社長である。三菱グループには三菱金曜会という三菱系の会長・社長が集まる会合があり、そのトップを世話人代表というのだが、高垣勝次郎はその初代・三菱金曜会世話人代表だった。

 つまり高垣佑は、東京銀行に勤めていたものの、そんじょそこらの三菱マンよりもよっぽど三菱グループの本流に近い人物なのだ。

 それだけではない。合併時の東京銀行は、会長・副頭取も三菱グループに近い人物だった。

 三菱銀行と合併した際の東京銀行の会長は大蔵省(現・財務省)からの天下りなのだが、戦時中の興信録によると、大分高等商業学校教授・末永想太郎(すえなが・そうたろう)の養子になっていたらしい。その末永の長男が戦後、三菱重工業の社長に就任している。

 また副頭取は、荘田平五郎(しょうだ・へいごろう)の孫娘と結婚している。荘田平五郎は岩崎弥太郎の姪と結婚し、三菱合資会社の筆頭管事に就任して三菱財閥の基礎を固めたといわれる名番頭である。

 三菱グループには有力者の子弟が多いといわれる。確かにそれは否定し得ないが、他の銀行も五十歩百歩だったというわけである。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合