ユニクロ“究極の機能性&高コスパ”、今絶対買うべき商品5選…ダウンはさらに進化の画像1
「ユニクロ HP」より

 国内だけで813店舗(2020年8月期時点)を擁し、日本のファッション業界においてダントツ首位を独走する「ユニクロ」だが、やはりコロナ禍の影響を多大に受けていた模様。

 ユニクロを運営するファーストリテイリングは、2020年2年8月期連結決算で売上高は前期比12.3%ダウンの2兆88億円、営業利益は42%ダウンの1493億円、最終利益は44.4%ダウンの903億円だった。実に17年ぶりの減収減益となったようだ。

 とはいえ今後は業績が回復していき、来期の連結最終利益は1650億円になり、過去最高益を達成するという強気の見通しを立てている。

 また、11月に中国・上海で開催された「中国国際輸入博覧会」に初めて出展すると、人気コレクションの新商品や独自の技術を展示。中国へのアプローチを強めている印象だが、これは日本トップの地位では飽き足らず、世界トップのアパレルメーカーを目指す意思表示とも取れる。

 今回はそんな世界1位も視野に入れているユニクロの、冬アイテムでおすすめの服をリコメンド。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この冬、買うべきユニクロの服5選」をリストアップし、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、おすすめポイントを解説していただいた。

 今回、以下の5つを基準として選定した。

・ファッションビギナーでも比較的に着こなしやすいこと

・難易度の高い“最先端のおしゃれ”は目指さないこと

・“ダサい”と思われるぐらいなら無難な着こなしにすること

・女子ウケが良く“ちょっとおしゃれ”と思われること

・無理に若ぶるのではなく、年相応に大人っぽく見られること

ハイブリッドダウンパーカ/7990円(税別、以下同)

 高品質のダウンと吸湿発熱効果を持つ中綿、この2種のハイブリッド構造となっているダウンパーカ。耐久撥水加工が備わっていて多少の雨水ははじいてくれる。カラーバリエーション(カラバリ)はブラック、レッド、ブラウン、オリーブ、ネイビーの5色展開。

「真冬の屋外でも暖かい機能性の高さはもちろんですが、シンプルに見た目がかっこいいのが何よりのストロングポイント。生地の色味はどれも円熟味が漂うシックな仕上がりになっていて、特にオリーブとネイビーは最高ですね。正直、ダウンに中綿を混ぜたのはコストカット目的なんじゃないかなと穿った見方をしてしまいますが、それを差し引いても、大人男性に着てほしい一着」(堺屋氏)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合