NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

新型ノートはコンパクトカー最高峰の乗り心地…オプション装備でライバル車より割高に?

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
新型ノートはコンパクトカー最高峰の乗り心地…オプション装備でライバル車より割高に?の画像1
日産の「ノート」(「日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER)」より)

どんなクルマなのか?

ノート」は日産自動車のコンパクトカーで、ボディサイズは全長が4045mm、全幅は1695mmです。最近のクルマにしては珍しく、現行型になって全長を55mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も20mm短く抑えました。エンジンは直列3気筒1.2Lのe-POWER(ハイブリッド)のみです。先代型と違ってノーマルエンジンは用意されません。

 開発者は「先代型の売れ行きを見ると、ノート全体の70~75%をe-POWERが占めていました。そこで、新型はe-POWERのみの設定にしています。また、ノーマルエンジンを用意すると価格を安く(160万円前後に)抑える必要があり、内外装をe-POWERのような上質な造りにはできません。つまり、2種類の内外装を用意する必要も生じるので、e-POWERのみとした事情があります」と述べています。

人気を得ている理由

 コンパクトカーは、軽自動車の次に人気の高いカテゴリーです。運転しやすく、最近は走行性能や居住性も向上して、価格は割安に抑えているからです。ノートはトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」と同様、全長が4m前後のコンパクトカーで、e-POWERを搭載して安全装備も充実させました。しかも2020年11月に発表(納車を伴う発売は12月)された新型車なので、注目度も高いです。

 先代型に比べると内外装の質が高く、走行安定性と乗り心地も進化しました。安全装備の充実も含めて、好調に売れる要素が多いです。また、今の日産ではコンパクトカーの車種が不足しています。「マーチ」は設計が古く、「キューブ」や「ティーダ」は廃止されました。そのために、需要がノートに集中している面もあります。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★☆☆

 ホイールベースを短くしたので、後席の足元空間が少し狭まりました。シートの座り心地に不満はありません。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★☆☆

 荷物の収納性はコンパクトカーの平均水準です。フィットほど広くはないですが、リヤゲートは大きく開きます。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 全長は4045mmに抑えられ、最小回転半径も4.9mに収まります。ななめ後方の視界は不満ですが、運転しやすいです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★★☆

 e-POWERの動力性能は先代型を上回ります。操舵に対する反応も素直で、峠道なども走りやすいです。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★★

 足まわりが柔軟に伸縮します。コンパクトカーとしては最高峰の乗り心地で、内装の質も満足できます。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★★

 売れ筋になるXのWLTCモード燃費は28.4km/L。コンパクトなハイブリッド車とあって、燃料消費量は少ないです。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 2台先を走る車両を検知できる衝突被害軽減ブレーキなど、安全装備は高水準です。オプションも充実しています。

(8)価格の割安感

★★★☆☆

 ノートXの価格自体は割安に思えますが、運転支援機能のプロパイロットやLEDヘッドランプはオプション設定です。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合