前田敦子が事務所退所、活躍する大島優子への焦り…勝地との離婚説も燻るの画像1
前田敦子

 元AKB48“永遠のセンター”で女優の前田敦子が12月31日をもって太田プロダクションとの契約を終了すると発表された。事務所の移籍ではなく、今後はフリーで活動していくという。

 太田プロは公式サイトで「所属という形ではなくなりますが、引き続き出来る限りのサポートを続ける所存です。前田敦子を今後ともどうぞ宜しくお願いいたします」と報告しているが、芸能事務所関係者はいう。

「サポートを続けるのであれば、独立する意味はあったのかという疑問が湧いてきますが、前田は2年前に結婚してから、女優の仕事に全力で向き合えなくなってしまったようなんです。事務所は前田の子育てに気を遣っているせいか、振られる仕事はバラエティだったり、雑誌の美容企画だったりで、30歳を目前にし、もう一度女優として発起したいと考え、退所に踏み切ったようです」

 前田は退所について自身のInstagram上で「30才になるんだなあと考えているうちに、『何かしなきゃ』と思ってしまいました」「不満があったわけではなかったので、その想いを伝えて理解してもらいました。私にとって、2回目の卒業みたいな感じです」などと説明。事務所との関係は良好であることを伝えているが、前田には同世代の女優たちの飛躍に焦る気持ちがあったという。

「AKB時代のライバルで同じく太田プロの大島優子は、映画、ドラマ、舞台と幅広いジャンルで活躍できる女優になりました。大島が海外留学を経験した後にNHKの朝ドラでの演技を絶賛されていたこともあり、前田は“自分はこのままでいいんだろうか”と考えてしまったようです。親しい知人などには、“私も結婚前に留学とか演技の勉強とかをしておけばよかった”などとこぼしているみたいで、最近は演技のワークショップに出かけたりして、改めて演技の勉強を始めています。

 実は昨年末から、大島が太田プロを離れるという噂があったので、前田のほうが先になったのは意外でした。大島はワークショップに参加したり、海外の演劇に触れたことが今の演技力につながったことは間違いないですが、もっと役者として育ててくれる事務所に行くのではないかといわれていたんです」(業界関係者)

勝地涼との別居報道

 ちなみに前田には大島よりも前にニューヨークへ1カ月ほど留学した経験があるが、2人の関係は悪くないという。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合