NEW
スマスマ『はじめてのSMAP 5人旅』をもう一度考える【前編】

中居正広が語った「SMAPが4人と1人に分かれるのはダメ」のワケ…あの「5人旅」論考

文=編集部
中居正広が語った「SMAPが4人と1人に分かれるのはダメ」のワケ…あの「5人旅」論考の画像1
SMAPが解散したのが、2016年12月31日。大晦日になると、彼らのことを思い出してしまう。

 ここ数年、年末になるとふと思い出してしまうことのひとつに、SMAPがある。彼らが解散したのが、2016年12月31日だったからだ。

 解散後の彼らは、一時全員がジャニーズのソロタレントとして活動したものの、木村拓哉中居正広のみジャニーズ事務所に残り、草なぎ剛稲垣吾郎香取慎吾はSMAPの元チーフ・マネージャー飯島三智氏が設立した「CULEN」(カレン)に移籍。中居正広も2020年3月いっぱいでジャニーズを退所し、4月から個人事務所「のんびりなかい」の代表取締役を務めている。

 5人はそれぞれの形で活動を続けているが、ファンの間ではいまだにSMAP再結成を望む声も少なくない。もちろん、彼ら一人ひとりを支持する声もあるものの、“5人のSMAP”には、何ものにも代えがたい魅力があった。

 そんなSMAPの歴史のなかで伝説と化しているのが、2013年4月に2週にわたって放送された『SMAP×SMAP SMAPはじめての5人旅スペシャル』(フジテレビ系)だろう。同番組では、SMAPの5人が結成25周年を記念した番組からのプレゼント企画として、1泊2日で大阪を旅する様子が放送された。マネージャーの同行もなく、できる限りプライベートに近い形で行われた旅行では、5人のさまざまな素顔を垣間見ることができた。

【後編】はこちら

木村拓哉が撮影許可を得るためユニバに直接電話、「信じてもらえないよ」と中居正広

 ある日の『BISTRO SMAP』収録後に、結成25周年の記念として1泊2日の旅行に行くことを知らされた5人。突然の知らせにメンバーは困惑気味で、決して楽しそうではなかった。メンバーには事前に旅行日程なども伝えられず、当日は歌の収録という偽のスケジュールでスタッフに呼び出され、いきなり「今から旅行に行ってほしい」と告げられるという形だった。もちろんメンバーは戸惑うばかりで、木村は「ちょっとした迷惑だから」と、中居も「理解に苦しむね」「いい度胸してるね」とこぼしていた。

 否応なしに大阪・伊丹空港に集合することになり、5人でレンタカーに乗って旅がスタート。ノープランの旅だったために、まずはガイドブックと飲み物を調達することになり、コンビニに到着。全員で入店するのはさすがにやめたほうがいいだろうとのことで、木村が一人で入店し、中居に促される形で稲垣も木村の後を追った。突然のスター来店にコンビニ店内がざわつく一方、香取は車内で「50%は楽しそうでのんびりできそう。50%はめんどくさそう」と旅行の行く末について期待や不安をにじませていた。

 ガイドブックをもとに、5人は大阪市にある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」に行こうという話に。撮影許可を撮るために木村がUSJに電話すると、「(USJ側は木村本人だって)信じないんじゃない?」と心配する中居。確かに、撮影を申し込まれることには慣れているであろうUSJも、まさかSMAPから直々に電話が来るとは夢にも思わないだろう。案の定、対応したUSJの広報担当者は「アイドルのSMAP様でお間違いないでしょうか?」と確認しつつ、安全面の確保のために2時間後に来てほしいと伝えていた。続けて、今夜の宿を確保するために、稲垣が兵庫県の有馬温泉にある老舗旅館・兵衛向陽閣に電話。当日は空いている部屋が1部屋しかなく、5人全員で1部屋に泊まることになった。

 USJに向かう道中でお好み焼き店に入った5人は、お好み焼きやとん平焼き、生姜焼き定食などを堪能。木村は「ここ美味くない? (大阪に)ライブ来た時、いいんじゃない?」とたいそう気に入った様子であった。番組放送後、5人が訪れたこのお好み焼き店は、ファンの間で聖地化したという。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合