NEW
スマスマ『はじめてのSMAP 5人旅』をもう一度考える【後編】

中居正広が「おれ絶対SMAPを守れるよ」と泣いた夜…解散が5人にもたらした変化とは

文=編集部
中居正広が「おれ絶対SMAPを守れるよ」と泣いた夜…解散が5人にもたらした変化とはの画像1
大晦日といえば、思い出されるSMAPの解散。円満とはいえない最後だったが、彼らがふたたび5人で集結し、2度目のあの5人旅を見せてくれたらと願う。

 SMAPの歴史のなかで伝説と化している、2013年4月に2週にわたって放送された『SMAP×SMAP SMAPはじめての5人旅スペシャル』(フジテレビ系)を振り返る本稿。【後編】の今回は、5人が有馬温泉の老舗旅館・兵衛向陽閣に宿泊した際のエピソードを中心に紹介したい。

【前編】はこちら

“あの事件”を経た草なぎ剛は、「もし飲むとしたらビールが飲みたい」

 旅館に到着した5人は、全員で貸切露天風呂に入ることに。グループ結成25周年だったこともあり、SMAP結成の1988年やCDデビューを飾った1991年の出来事、さらに今回訪れたUSJについて振り返っていた。

 夕食ではお酒も出てきたが、2009年に“全裸泥酔事件”で世間を騒がせてから「4年飲んでいない」という草なぎ剛はノンアルコール。香取慎吾に「もし飲むとしたら何が飲みたい?」と聞かれると「ビールかな」と回答していた。ただ、中居いわく草なぎは「飲まなくても酔ってるふう」になるという。

 草なぎといえば、温厚な好青年というイメージが強かったこともあり、“全裸泥酔事件”が世間に与えた衝撃は非常に大きかった。事件当時、草なぎは深夜3時頃に都内の公園で全裸になり、「バカヤロー」と叫んだり、木に登ったり、前転をしたりと尋常ではない様子だったという。近隣住民が通報し、駆けつけた警察に対しても「裸だったら何が悪い」と反発。結果、公然わいせつの容疑で逮捕され、ただならぬ言動に薬物使用が疑われたことから、自宅マンションの家宅捜索まで行われた。

 翌日釈放され、謝罪会見を開いた草なぎは1カ月間活動を自粛。5人旅でも明かしていたように、その後は4年間禁酒生活を送っていたが、2014年3月24日放送の『SMAP×SMAP』にゲスト出演したタモリにお酒を勧められたことをきっかけに解禁している。草なぎが起こした事件は、他のメンバーにとっても衝撃的であっただろうが、5人旅ではごく自然に会話の中で触れている。下手にタブーとして扱うことなく、草なぎの過去の一部として受け止めているようにも感じられ、彼らが深く長い付き合いであることを再確認させられる。

「10人が突っかかってきても、おれ絶対SMAPを守れるよ」と涙を流した中居正広

 夕食後は、館内のゲームセンターでレーシングゲームやエアーホッケーを楽しみ、まるで学生のように盛り上がっていた。プリクラでは、嫌がる中居正広を香取が強制連行し、5人で顔を寄せ合って撮影。中居や香取は照れ隠しなのか変顔をしていたが、出来上がったプリクラはアイドルらしい完成度の高さだった。

 その後、5人旅のハイライトともいえる、あのカラオケスナックのシーンに。

 館内のカラオケスナックを貸し切った5人は、SMAPの楽曲をなんと24曲も熱唱。「オリジナルスマイル」「$10」「Hey Hey おおきに毎度あり」「Triangle」「ひとりぼっちのHappy Birthday」「さよならの恋人」「天国のかけら」「Part Time Kiss」「君が何かを企んでいても」「それじゃまた」「FIVE RESPECT」など名曲のオンパレードで、「手を繋ごう」ではみんなで手をつなぐ様子もあった。
 
 カラオケが盛り上がる一方、中居はかなりお酒が進んでいたこともあってか、「おれが歌ってほしい曲ばっか、みんな歌ってくれる」「泣けてくるなあ」と涙をぬぐうようなしぐさを見せていたが、「BEST FRIEND」が流れると「やべえ、おれ死んじゃう」「もうおれ、ギブだよ」と涙腺崩壊。

 同曲は元メンバー・森且行の最後のテレビ出演時や、2001年8月に稲垣吾郎が道路交通法違反で逮捕され、活動自粛を経て復帰した時などにも歌われており、メンバーやファンにとって思い入れのある曲。おしぼりで涙を拭く中居を見て、隣で歌っていた草なぎも「やべえ、ちょっと泣いちゃった」ともらい泣きしていた。

 中居は何度も涙をぬぐいながら「もうダメ、本当ダメ。涙が止まらない」「今世紀初めて泣いた」と言い、さらには「おれ100人だったら相手できる」「10人が突っかかってきても、おれ絶対SMAPを守れるよ」と発言。SMAPが解散した現在、この中居のSMAP愛あふれる言葉を聞くと、どうしようもなくやるせない気持ちに襲われてしまう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合