NEW
スマスマ『はじめてのSMAP 5人旅』をもう一度考える【後編】

中居正広が「おれ絶対SMAPを守れるよ」と泣いた夜…解散が5人にもたらした変化とは

文=編集部
中居正広が「おれ絶対SMAPを守れるよ」と泣いた夜…解散が5人にもたらした変化とはの画像3
2015年9月にビクターエンタテインメントより発売されたSMAPの55枚目のシングル「Otherside/愛が止まるまでは」の通常版ジャケット。SMAPの事実上のラストシングルとなった。

草なぎ剛が「お前ら、ベストフレンドじゃなかったのかよ」とツッコみ、5人旅は終了

 カラオケを満喫し、部屋に戻った5人。木村は早々に布団に入り、仕事のために翌朝6時に起床しなければならないという草なぎも明日に備えて眠ろうとしていた。すると、布団に入っている草なぎに、香取がUSJで購入したスパイダーマンの被り物を無理やり被せるといういたずらをし始め、木村が「うるせー!」と一喝するなど、ここでもまたそれぞれの“らしさ”を発揮。

 ちなみにこの夜、メンバーは仕事のために一人で先に出発する草なぎをみんなで見送ろうと語っていたのだが、翌朝、実際に時間通りに起きたのは草なぎのみ。誰一人起きようとせず、見送る気のないメンバーに対して、草なぎが「お前ら、ベストフレンドじゃなかったのかよ」とツッコみ、5人旅は終了した。

 スタジオトークでは、次回の5人旅について中居が「(結成)50周年でね」と明かし、木村も「その時は海外とかね」と、香取も「違う場所もいいけど、同じ旅をしてみるとかね」とまんざらでもない様子であった。しかし、結局のところSMAPは、それから3年もたたない2016年末に、50周年を迎えることなく解散してしまった。

中居正広が語った「(SMAPの再結成は)ゼロではないし、100%ないとは言えないと思います」の言葉

 とはいえ、彼らが5人旅で見せてくれた笑顔や涙が、視聴者を大いに楽しませ、心を動かしてくれたこともまた事実である。草なぎは、解散の少し前にあたる2016月11月24日発売の「月刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)で、5人旅についてこう振り返っている。

「『スマスマ』で行った5人旅も楽しかったね。初めてだったからね、ああいうことをやるのは。ドライブして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとかに行って、みんなで泊まって」

「だってさ、カラオケで泣いちゃったりとかさ。えっ、何で泣くのか? みたいな感じでしょ? お酒飲んでないのに、一番僕が酔っ払ってるんじゃないか? ってくらいになっちゃって。そんなもんなんだよね。物事ってね。予想外なことがたくさんあるんだよ」

 決して円満とはいえない形で解散に至ったこともあり、メンバー間の不仲説もいまだに根強い元SMAPの面々。しかし草なぎの言う通り、確固たる既定路線がお膳立てされていたとしても、物事が予想外の事態に発展する可能性はある。それに中居も、独立会見時にSMAPの再結成について「ゼロではないし、100%ないとは言えないと思います」と明かしている。今後ふたたび5人が集結し、2度目の5人旅を行うという展開もなくはないのだ。

(文=編集部)

【前編】はこちら

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合