【完了・年末~元旦までの間で】箱根駅伝、青学・東海・駒澤の3強対決が有力?大穴は明大、古豪復活の可能性の画像1
「Getty Images」より

 もうすぐ東京箱根間往復大学駅伝競走(通称:箱根駅伝)がやってくる。

 今季は新型コロナウイルスの影響で10月の出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)は中止となったが、11月の全日本大学駅伝対校選手権大会(全日本大学駅伝)は大いに盛り上がった。1~7区は順天堂大学、城西大学、早稲田大学、東海大学、青山学院大学がトップを奪う大混戦。最終8区は”3強”と呼ばれた青学大、東海大、駒澤大学が優勝争いを繰り広げた。

 今大会も前回覇者の青学大、同2位で全日本2位の東海大、全日本を6年ぶりに制した駒大の”3強対決”が有力視されている。

 しかし、まだまだ注視しておきたい大学がたくさんあるので、紹介したい。まずは3強を追いかける一番手となる明治大学だ。

 前回は17位から6位に大躍進。そのメンバーが8人残り、全日本は3位に食い込んだ。トップを奪えるようなエースはいないが、チームは粒ぞろい。エントリー上位10人の1万m平均タイムは28分31秒78で、駒大(28分26秒81)に次ぐ2位につける。しかも前回5区5位の鈴木聖人(3年)、同6区には今回のエントリーで”最速タイム”の58分48秒で好走した前田舜(4年)という経験者もいる。

 穴のないチームだけに、優勝ラインが下がってくるとビッグチャンスをつかむ可能性がある。明大は第1回大会から参戦して、7度の総合優勝を誇る古豪。最後の栄冠は1949年(昭和24年)だ。今回勝つことができれば、72年ぶりの歓喜となる。

 レースを動かすという意味では、早大と東洋大学は”突破力”が期待できる。

 早大は前回7位メンバーから2人が卒業しただけで、全日本は1~3年生で参戦して5位に入った。チームを引っ張るのが日本選手権1万mで27分台に突入した中谷雄飛と太田直希の3年生コンビだ。全日本は3区中谷が区間賞の走りでトップに立つと、4区太田は区間2位(区間新)。一気に加速して、6区の途中までトップを駆け抜けた。

 ふたりは1~4区での起用が濃厚。前半区間では「W」のユニフォームが目立つだろう。4年生は11月21日の早大競技会1万mで宍倉健浩が28分16秒95をマーク。前回5区を務めた吉田匠(4年)もエントリーされた。最上級生が奮起すれば、全日本以上の結果が見えてくる。

 東洋大は前回、12大会連続となる「3位以内」を逃して10位に沈んだ。しかし、1~4区に1・2年生を起用した全日本は、6区終了時点でトップと20秒差と善戦。7区のエース西山和弥(4年)が区間11位と苦戦しながら6位に入っている。前回は1区で14位に終わった西山だが、今季は1万mで28分03秒94の自己新をマーク。1区で区間賞を獲得した1・2年時以上の強さを身に着けた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合