NEW

ジャニーズ不倫列伝…マッチに苦言の東山のグラドル疑惑、錦戸・赤西の合コン赤裸々トーク

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,

田原俊彦、元SMAP森且行など“辞めジャニーズ”にも、近年は不倫ゴシップが

 さらに“辞めジャニ”の面々もお盛んである。かつてジャニーズ事務所に所属していた田原俊彦は、59歳になった今も“現役”。2019年に妻との別居が報じられたが、2020年6月には「フライデー」で美女とのデート現場がスクープされている。

 また、元SMAPでオートレース選手の森且行は、妻と別居して離婚話を進めている一方、不倫相手の女性と同棲していると2018年6月の「女性セブン」(小学館)で報じられている。

 しかし、前出の近藤真彦のケースでもそうであるように、現在のジャニーズ事務所は、不倫スキャンダルに対して“お咎めなし”で済ませることはなくなっている。2019年12月4日に女優の神田沙也加が離婚を発表した翌日に、同年7月に舞台で共演したジャニーズJr.内ユニット・MADEの元メンバー秋山大河との不倫関係が「女性セブン」で報じられたが、今年1月にMADEの解散と秋山の退所が発表された。

「今年4月にはMADEの主演舞台『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1~』が決まっていたにもかかわらず、MADEの解散や秋山の退所に至った背景には、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏が事務所内のクリーン化に力を入れていることがあるといわれています。とはいえ、これまではジャニーズだからという理由である程度スキャンダルを揉み消してこれていたこと自体が異常だったのですから、本来あるべき体制になっただけともいえるでしょう」(同)

 女性ファンが多いジャニーズタレントにとって、不倫スキャンダルはご法度。これまでは、政治力による揉み消しやメディア側の忖度でイメージダウンを免れてきたかもしれないが、ジャニー喜多川氏の死去、そしてSNSの隆盛などといった時代の移り変わりと共に、そうはいかなくなってきているようだ。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合