マツキヨ、今冬のビミョ~すぎる5品…甘すぎるしょうが湯、剥がしづらすぎる絆創膏の画像1

“マツキヨ”の愛称で親しまれる「マツモトキヨシ」は、医薬品に日用品、化粧品、食品と多彩な商品ラインナップを誇る大手ドラッグストアチェーンだ。グループ全体で47都道府県に1738店舗出店(2020年9月末時点)しており、国外ではタイに31店舗、台湾に13店舗構え、今後はベトナムへの進出を予定しているという。

 そんなマツキヨでは1990年代からPB(プライベートブランド)を展開し、現在では「matsukiyo」というブランド名でさまざまな商品が発売されている。そのなかには、世界的なデザイン賞・広告賞を5つも受賞したトイレットペーパーのように絶賛を受けているアイテムがある一方で、ユーザーからの評価が芳しくないアイテムがラインナップされているのもまた事実。

 そこで、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では日用品を中心にmatsukiyo商品をリサーチ。「この冬、買ってはいけないアイテム」を5つピックアップした。調査班が独自に選んだ商品ではあるが、マツキヨでの買い物で損をしないため参考にしてほしい。

しょうが湯 15g×6袋/158円(税抜、以下同)

マツキヨ、今冬のビミョ~すぎる5品…甘すぎるしょうが湯、剥がしづらすぎる絆創膏の画像2

 体が芯から温まるような飲み物が恋しくなる冬。紅茶やコーヒー、ココアといった定番ドリンクだけでなく、風邪予防に効果のあるしょうが湯やかりん湯を楽しむという方も多いだろう。

 matsukiyoでもさまざまなホットドリンクが発売されており、「しょうが湯 15g×6袋」もそのひとつ。1袋分の粉末で90mlのしょうが湯が味わえる商品で、国産の生しょうがをまるごとすりおろしたというだけあって、しょうがの香りを存分に堪能できる。

 だが、肝心の味はというと、しょうがの風味は感じられるもののそれ以上に甘みが強く、しょうが湯を飲んでいるという実感をあまり抱けないドリンクとなってしまっている。味覚でもガツンとしょうがの風味を楽しみたい方や甘いドリンクが苦手な方は、別のしょうが湯を購入するべきだろう。

通気絆創膏 Mサイズ 30枚/278円

マツキヨ、今冬のビミョ~すぎる5品…甘すぎるしょうが湯、剥がしづらすぎる絆創膏の画像3

 乾燥で手荒れしやすい冬は、手先にひび割れやあかぎれなどの傷ができやすい季節。絆創膏のお世話になる機会が増えるという方も多いのではないだろうか。だが、matsukiyoの絆創膏は当たり外れが激しく、「通気絆創膏 Mサイズ 30枚」も残念ながらおすすめしづらいアイテムとなっている。

 まず、「通気絆創膏 Mサイズ 30枚」の利点は粘着剤が肌にフィットすることと、通気性に優れているためムレにくいことにある。つまり、ムレによる痒みなどを心配することなく、傷のできた部分をしっかりと外部刺激から守ることができる絆創膏というわけだ。

 ところが、肌にピッタリと貼りつく粘着力の高さが、実は最大の欠点でもある。非常に剥がしづらく、剥がすときに痛みを感じたり、粘着剤が指に残ったりしてしまうのだ。実際に使用して剥がしたみたところ、あまりの粘着力で基材であるウレタン不織布が指にくっついてしまったこともあった。付け剥がしをしやすい絆創膏を使いたい場面では使うべきではないだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合