【フジ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!ミタパン、山崎夕貴ら豪華布陣で渡邊渚は選外の画像1
三田友梨佳(「フジテレビ公式サイト」より)

 2020年現在の東京キー局各局の女子アナの活躍度を野球の打順に見立てて、徹底分析するこの企画。今回はフジテレビ編だ。なお、DH制を採用した打順にしており、10番目にエースとなる投手を入れている。

1番 久慈暁子
2番 堤礼実
3番 永島優美
4番 三田友梨佳
5番 山崎夕貴
6番 宮澤智
7番 三上真奈
8番 久代萌美
9番 生野陽子
エース 宮司愛海

 まずはトップバッターから。切り込み隊長役には入社4年目の若手のホープ・久慈暁子アナを抜擢した。現在は『めざましテレビ』で水・木のニュースコーナー、そして週末の『めざましどようび』で女性メインキャスターを務めるなど、すっかり局の朝の顔のひとりとなっている。

 その明るく爽やかな笑顔がときに観るものを癒し、ときには元気を与えてくれる。現在『めざましテレビ』は3年先輩の永島優美アナが女性メインキャスターを担当しているが、“ポスト永島”にもっとも近い存在と考え、1番を任せてみたい。

 続く2番には、競馬ファンにはお馴染みのこの人を置くことにする。堤礼実アナだ。19年1月から日曜午後の『みんなのKEIBA』の番組MCを担当しているから年明けすぐで丸2年となる。

 堤アナは、アイドルばりのその可愛いルックスばかりに目が行きがちだが、耳に入ってきやすい美しい声と、しっかりとした原稿読みができる点は見逃せない。要はパッと見は派手だが、仕事ぶりは“堅実”なのである。確実に後ろに“つなぐ”2番として期待したいところ。

 ここからは打線の核となるクリーンナップである。3番には『めざましテレビ全部見せ』と『めざましテレビ』の女性メインキャスターを担当する永島優美アナである。前任者の加藤綾子からその座を引き継いだのが16年4月だから、21年の春で5年がたつワケだ。今やすっかりフジの朝の顔となった感があるが、そんな永島アナの魅力のひとつが可愛らしいなかにも“漂っている上品さ”だろう。『めざましテレビ』での立ち居振る舞いは、寝起きの慌ただしい時間帯の癒しとなっている。

 また、出身地の関西弁がたまに出てしまったり、言い間違いをしてしまっても、自然にそれを謝って次に進められる器量の良さも“買い”。同番組以外にも『ジャンクSPORTS』で進行役を担当しているほか、年末特番でお馴染みの『FNS歌謡祭』の総合司会を19・20年と2年続けて嵐の相葉雅紀と務め上げた点も見逃せない。

 さらに、毎年12月にオリコンが発表する“好きな女性アナウンサーランキング”の20年版では9位となり、自身初となるランキング入りを果たした。来年で30代に突入するのを機に、ますます飛躍して“次期・フジのエース”になることを期待したい。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合