NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

山下智久、北村匠海、堺雅人、平野紫耀…2021年、注目の“丑年の男性芸能人”たち

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

山下智久、北村匠海、堺雅人、平野紫耀…2021年、注目の丑年の男性芸能人たちの画像1
山下 智久 | ソニーミュージックオフィシャルサイト – Sony Music」より

 前回は「2021年、注目の年女」を挙げたが、今回は“年男”。

 特にスター揃いなのが、第2次ベビーブームの中でも、最も出生数の多い1973年。同年生まれ(今年で48歳)には、個性あふれるスターたちが揃っている。

 中でも筆頭は、昨年『半沢直樹』(TBS系)で再び日本中に一大ブームを巻き起こした堺雅人。同作の続編は7年ぶりであり、さらにコロナ禍で3カ月の延期を余儀なくされる難しい状況の中、視聴率・話題性ともに圧倒的だった。出演作を年1本程度に絞っているにも関わらず、必ず結果を残すのはさすがであり、次作の発表が待たれる。

 TEAM NACSの大泉洋安田顕戸次重幸も1973年生まれ。とりわけ大泉は昨年、『ハケンの品格』(日本テレビ系)、映画『新解釈・三国志』『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』、さらに2本の配信ドラマなどに出演し、バラエティへの番宣出演も精力的にこなした。今年も主演映画『浅草キッド』『騙し絵の牙』の公開が発表済みであるなど、世代のトップランナーであることは間違いない。

 1973年生まれは俳優が豊作で、反町隆史金城武浅野忠信村上淳稲垣吾郎松本幸四郎野間口徹袴田吉彦小手伸也片桐仁らの名前が挙がる。

 次に芸人では、設楽統田村淳吉田敬小杉竜一古坂大魔王小藪千豊小沢一敬スギちゃんたむらけんじ。その他にも、GACKT安住紳一郎新海誠イチロー前園真聖野口健武井壮など、各ジャンルのトップランナーが揃う。

海外進出の山下智久、『半沢』で活躍の尾上松也

 ひと世代下の1985年生まれ(今年で36歳)で注目度が高いのは山下智久。昨年は配信海外ドラマ『The Head』(Hulu)に出演したほか、10月いっぱいでジャニーズ事務所を退所して海外での活動をスタートさせた。今年はカナダで撮影に挑んだ映画『Man From Toronto』が公開予定のほか、さらなる動きも予定されているというだけに、海外進出の行方がたびたび報じられるだろう。

 力強さという点では、尾上松也の存在も見逃せない。昨年は本業の歌舞伎に加えて『半沢直樹』に出演し、買収の危機にさらされるIT企業の社長役を熱演。先輩の香川照之や市川猿之助に負けない迫力満点の演技で魅了したほか、『課長バカ一代』(BS12トゥエルビ)では主演を務めた。バラエティにも引っ張りだこで、12月には『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で見事な歌も披露。今年は3月に主演映画『すくってごらん』の公開が予定されている。

 その他では、昨年3月にロンドン留学から帰国したウエンツ瑛士、今年ドラマ1本・映画3本の出演が発表されている松山ケンイチ、朝ドラ『エール』への出演が話題を集めた野田洋次郎、さらに松田翔太城田優三浦貴大青柳翔桐山漣尾上寛之山村隆太大倉忠義北山宏光五関晃一JOY白鵬翔みやぞんなどがいる。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合