マック「グラコロ」の2倍のデカさ…コメダ「グラクロ」のほうが得と単純にはいえないワケの画像1
コメダ珈琲店のインスタグラムより

 毎年冬の時期になると発売される、大手ハンバーガーチェーン店・マクドナルドの定番商品「グラコロ」(税込340円)。ふわふわとした蒸しバンズ(パン)とシャキシャキなキャベツの千切り、外はサクサクで中にはトロトロなクリームソースが詰まっているグラタンコロッケのバランスが絶妙な人気バーガーだ。

 そんな「グラコロ」と同じくクリーミーなコロッケを食材に使ったハンバーガーを、名古屋発祥のカフェチェーン店であるコメダ珈琲店が販売していることをご存じだろうか。その名はズバリ「グラクロ」(税込580~610円、店舗により異なる)。“クロ”はコロッケのルーツであるフランス料理のクロケットを指しているのだそうだ。

「グラクロ」の最大の特徴は、ボリューム満点なフードメニューを提供するコメダ珈琲店らしい巨大さ。「グラコロ」とのサイズ差は大きな話題となり、ブログやSNSなどでは「グラコロ」と「グラクロ」を比較した写真やレビューが数多く投稿されている。

 そこで気になるのは、マクドナルドの「グラコロ」よりもビッグサイズなコメダ珈琲店の「グラクロ」は、はたしてお得な商品といえるのか、大きさの違いにどのような意味があるのかということである。

 税込340円の「グラコロ」に対して、「グラクロ」は税込580~610円のため250円前後の価格差がある。しかし、あくまで参考値だが、「グラコロ」と比べると「グラクロ」のバンズやコロッケの表面積は2倍弱の大きさがあるのだ。これらを踏まえて、フードアナリストで外食産業に詳しい重盛高雄氏に「グラコロ」と「グラクロ」の違いとその背景について話を聞いた。

サイズ差が生まれたポイントはメインターゲットの違い

 今では冬の風物詩となっているマクドナルドの「グラコロ」だが、その初登場は1993年4月20日、つまり春の新商品だった。一方、コメダ珈琲店の「グラクロ」は2018年11月1日にデビューした。

 片や四半世紀以上の歴史を誇る人気メニュー、片や今回で3年目の注目メニューだが、どちらも発売当初は消費者の支持は得られなかったのだという。

「マクドナルドから『グラコロ』が登場した1993年は80年代後半からのバブル経済が崩壊し、景気が急激に悪化していった時期にあたります。消費者のなかにより安い商品を求めるムードがあったため、当時『グラコロ』はあまり受けませんでした。ですが、95年の冬に再発売したときにあたたかいハンバーガーというコンセプトが気候とマッチし、今日まで続く冬季の定番商品になったのです。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合