この状況下で予定通りに実施した結果、受験生間の感染拡大はもちろん、それを介した家族へも飛び火する可能性があります。そうなった時、いったい誰が責任をとるのでしょうか。受験生の自己責任で片付けられる話ではないのです。

 良い意味でも悪い意味でも大学受験は人生の大きな転機になりえます。政府は受験生に『追試もあるから無理するな』と言っているようですが、現行の日本の大学入試は1~3月までの限られた期間しかありません。これから新型コロナに罹患したという認定を受ければ、有限の期間の中で貴重な時間と機会が奪われるのですから、受験生は体調が悪くても無理をして受験すると思いますよ。

 いっそのこと共通テストを含め、『受験シーズン』そのものを数カ月延期したり、今年は『通年受験』を可能にしたりするなど、大ナタを振るった対策が必要だと思います。事務方としては業務が爆発的に増えますが、クラスターが発生したり、コロナを理由に受験生を試験会場から排除したりすることに比べれば、よほどフェアなはずです」

 大学受験で人生が決まるわけではないが、高校生や浪人生にとって大きな転機であることに変わりはない。受験生が心置きなく大学入試にチャレンジできる環境づくりが求められている。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合