NEW

隠れた世界的企業・村田製作所、日本経済を牽引…セラミックと全固定電池で世界を変える

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】, ,

 米中と異なり、日本の経済には移動制限がかかるなかでの経済活動を支えるITプラットフォーマーが見当たらない。しかし、村田製作所のように世界経済のDXを素材や部品、ユニット面から支える企業がある。それは、日本の産業が世界経済のメガ・トレンドに対応し、持続的な成長を目指すために欠かせない。

さらなる成長に向けた電池事業の重要性

 それに加えて、村田製作所が、中長期的に需要が拡大すると考えられる電池関連の技術開発に取り組んでいることも重要だ。電池の利用拡大が期待される典型的な産業が自動車だ。中国を筆頭に世界の自動車産業がEV開発を重視し始めた。EVに用いられているリチウムイオン電池は、かつては日本が優位性を誇った分野だった。しかし、現在では車載向けバッテリー分野で中国のCATL(寧徳時代新能源科技)と韓国のLG化学が急速にシェアを高め、日本企業の優位性は低下している。

 EV化を皮切りに、世界の自動車産業では、中長期的にはネットワーク空間と自律的に接続して走行する自動車開発(CASE化)が進む。長期の展開として、自動車が都市空間に組み込まれ、移動する生活やビジネスの空間としての役割を担うことも想定される。そのために安全かつ安定したパフォーマンスを発揮できる電池関連技術の確立は欠かせない。環境対策としても電池技術の重要性が高まっている。再生可能エネルギーのより有効な活用に向けて蓄電池への注目が高まっているのはその一例だ。また、宇宙開発の分野でも電池の重要性が高まっている。

 村田製作所は、次世代の電池技術の確立に取り組むわが国を代表する企業だ。村田製作所はセラミック関連の技術を応用し、微細化と高容量化の2つの軸から“全固体電池”の実用化に取り組んでいる。主要な部品を固体で作る全固体電池は、リチウム電池に比べ安全性が高く、小型化にもつながるとして注目されている次世代の電池技術だ。

 2020年度中に村田製作所はウエアラブル端末向けの全固体電池の量産実現を目指している。それは、同社にとって新しい成長事業の確立だけでなく、同社のモジュール事業のさらなる成長につながる可能性がある。なぜなら、全固体電池の実現によって、電池が電子ユニットを構成する一つの部品として扱われ、さらなる小型化など顧客ニーズへの対応が可能になるからだ。次世代の電池関連の技術確立は、村田製作所がセラミックコンデンサに次ぐ稼ぎ頭を確立し、長期の存続を目指すために重要だ。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合