サイゾーウーマンより】

フワちゃん「もう見飽きた」水溜りボンド「魅力が半減」! テレビ出演で批判された人気YouTuberの画像1
水溜りボンド・トミーの公式Twitter(@miztamari_nikki)より

 現在、多数の芸能人が公式チャンネルを開設し、“YouTube進出”は1つのトレンドになりつつある。普段とは違う等身大な姿や、スポンサーに縛られない自由な企画が見られるとあって、ネット上では好意的に受け止める声も多い。一方で、YouTuberが地上波のテレビ番組などへ出演する機会も急増しているが、世間からは厳しい意見が少なくないようだ。

 昨年、テレビへの進出が目立ったYouTuberといえば、水溜りボンドのトミーとカンタ。2015年からYouTuberとして活動を開始し、ネット上で人気を博した2人は現在、テレビとラジオで冠番組を持っている。

「20年4月から、冠ラジオ番組『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)がスタート。YouTuberとして初めて、同番組のレギュラーパーソナリティを務めることになったほか、10月からはテレビ神奈川で冠番組『水溜りボンドの〇〇いくってよ』の放送が始まっています。勢いに乗っているように見える水溜りボンドですが、同30日にYouTubeへ投稿した『素直に思っていることをお話させてください。』という動画の中で、今月開催されるイベントのチケットが即完売しなかったことについて、トミーが『めちゃくちゃ悔しい』と吐露。テレビやラジオに進出したことによって、ファンに距離を感じさせてしまったのではないか、などと語っていました」(芸能ライター)

 しかし、コメント欄では「2人とも調子乗ってない? 単純に人気が落ちてるんだよ」「テレビとかラジオに出て、自分たちが人気者だと勘違いしちゃったのかなあ……」などと、ファンから冷ややかな声が続出。また、「たまたまラジオを聞いたけど、正直面白くなかった。深夜ラジオのリスナーには受け入れられないだろうな」「水溜りボンドのファンだけど、YouTubeだから面白いのであって、テレビやラジオでは魅力が半減してる」「活動の幅を広げるのはすごいけど、本物のタレントと比べると一般人に見える」などと、彼らが出演するテレビやラジオについて、ネット上では厳しいコメントも多数見受けられる。

 また、“ザ・ドリフターズ”を目標に掲げるYouTuberグループも、露出を増やしたことで批判を浴びているという。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合