木下優樹菜、インスタ暴走が話題…5歳次女顔出し写真、また元夫・藤本を利用の画像1
木下優樹菜

 昨年は波乱の1年となった元タレントの木下優樹菜が新年早々、Instagramで“暴走”しているとして注目を集めている。元日にはサムネイル画像用の新しい自身の顔写真とともに、「去年はたくさんたくさん色々な事があり 人生の転機もあり 新しい毎日が始まって 運良く 良い人たちに恵まれてるなぁって思えた2020後半になりました」「2021年.優樹菜らしく生きます」などと投稿した。

 3日にはインスタのストーリーで「家族で新年ご飯」と題して、離婚した元夫で2人の娘の父親であるお笑いタレント・藤本敏史(FUJIWARA)の写真を投稿。藤本が着ている服について「これ私のパーカーです」と解説。さらに、同日にはタイムライン上に、一昨年に “顔出し”卒業を宣言していた5歳の次女、茉叶菜(まかな)ちゃんの顔出し写真を投稿し、フォロワーからは「カワイイ」「美人」といった声のほか、「マカちん、顔だし大丈夫かー?」などと心配の声も上がっている。

 木下と藤本は2019年の大みそかに離婚を発表。その後も、2人は同じマンション内の別々の住戸に住むかたちで、協力して子育てを行っていることは藤本本人が公言している。

 そんな木下がインスタで「たくさん色々な事があり」と振り返った昨年、タピオカ店主への“恫喝DM”騒動を機に活動を自粛していた木下は、昨年7月に活動を再開させたものの、その5日後に当時所属していた事務所のプラチナムプロダクションから契約解除と芸能界引退が発表された。さらに事務所が「当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し」と説明するリリースを発表したことで、その理由をめぐってさまざまな憶測が飛び交う事態となった。

「もともとタピオカ騒動に加えてサッカー日本代表選手の乾貴士との不倫疑惑も報じられていた木下ですが、事務所との話し合いのなかで木下が突然、別の男性タレントとの再婚の意思を示し、これ以上は手に負えないと判断した事務所が契約を解除したというのが事の真相のようです。契約が解除されれば、事務所としてはもう彼女を守る義務はありませんからね。結局、木下が芸能界を引退するという手段に出たことで、お相手の男性は仕事に影響が出ることを恐れて、木下のもとから離れていったようです。

 昨年10月にはバービーに扮した写真とともに『#わたしのkenはどこにいるの?』とインスタで投稿したり、意味深な投稿で恋多き女っぷりをアピールしているようにも見えましたが、それ以降くらいからフジモンの登場が徐々に増えて、話題づくりにフジモンを利用しているという厳しい声もあがっていました」(テレビ局関係者)

 事務所のフォローを受けられなくなった昨年9月には、SNS上で誹謗中傷を受けていると訴え、投稿者の「情報開示」を求める意向を示していた木下。2021年は新年早々から“ユッキーナらしく”自由奔放ぶりをみせているが、今年も木下の言動が世間を賑わせそうだ。

(文=編集部)

 

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合