NEW

ニトリ、冬を暖かく乗り切れる5品…ふわふわなトイレマット、保温性抜群のスリッパ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
ニトリ、冬を暖かく乗り切れる5品…ふわふわなトイレマット、保温性抜群のスリッパの画像1
ニトリの店舗

 “お、ねだん以上”のフレーズで有名な「ニトリ」は、札幌で1967年に「似鳥家具店」として創業。現在では家具のみならずインテリア雑貨や日用品、家電なども販売し、世界に636店舗(2020年12月時点)も展開する大手企業へと成長した。

 運営会社のニトリホールディングスが10月2日に発表した2020年3~8月期の連結決算によれば、前期比で売上高は12.7%、営業利益は45.0%、純利益は35.1%それぞれ増加していると業績も好調。さらに、島忠に対するTOB(株式公開買い付け)が成立するなど、その勢いは留まることを知らない。

 そんなニトリではキャッチコピーにある通り、リーズナブルな値段ながらも高いクオリティを誇るアイテムが数多くラインナップされており、冬にピッタリな新商品も続々と登場している。

 そこで今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」はニトリで販売されている商品を独自にリサーチ。「この冬、買うべきニトリアイテム」を5つセレクトした。ニトリで買い物する際には参考にしてほしい。

トイレマット(IN シンフィ BR)/488円(税込、以下同)

ニトリ、冬を暖かく乗り切れる5品…ふわふわなトイレマット、保温性抜群のスリッパの画像2

 冬の家の中で、とりわけ寒さがこたえる場所のひとつがトイレ。トイレの中そのものの空気だけでなく、床や便座を通じて寒気を感じた経験は誰しもあるはず。そんなトイレの寒さは、「トイレマット(IN シンフィ BR)」を使うことで緩和されるだろう。

 この商品の大きな魅力は、性能の高さとコスパの優秀さにある。表生地はふわふわとしていて踏み心地が良く、裏生地にはすべり止め加工がされているため、足腰が弱い方でも安心。それでいて1枚488円と、ワンコインで購入することができるのだ。

 洗濯ネットに入れて丸洗いすることができるので、いつでも衛生的に使えることも嬉しいポイント。トイレマットを持っていないという方、新しい暖かいトイレマットが欲しいという方に強くおすすめしたいアイテムである。

マグネット鍋敷き シリコン(SH006 ブロック)/418円

ニトリ、冬を暖かく乗り切れる5品…ふわふわなトイレマット、保温性抜群のスリッパの画像3

 鍋やオーブン料理などの温かい食べ物が恋しくなる冬は、テーブルを守るために鍋敷きが活躍する時季でもある。ふきんやタオルなどで代用すると布が焦げついてしまったり、鍋などにくっついてしまったりするため、できれば専用の鍋敷きを持っておきたいところ。

 ニトリでは木製やステンレス製、コルク製などさまざまな鍋敷きが販売されているが、そのなかでもイチオシなのが「マグネット鍋敷き シリコン(SH006 ブロック)」だ。幅が15.8cm、奥行が15.8cm、高さが0.8cmのこのアイテムの最大の特徴は、商品名にもある通りマグネット付きであること。冷蔵庫に貼りつけておけるため収納スペースが不要で、必要なときは冷蔵庫から剥がしてすぐに使うことができるのである。

 滑りにくいので安心して鍋などの大きな物を置くことができるのも利点のひとつ。シリコン製のため、汚れがついてしまっても水洗いが可能だ。この鍋敷きを使えば、心置きなくあたたかい料理を楽しめるだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合