伊藤忠、総合商社業界トップへ…「非資源重視」だけでは説明できない“岡藤流”経営の神髄の画像1
伊藤忠東京本社(「Wikipedia」より/Rs1421)

「投資の神様」という異名を持つウォーレン・バフェット氏がCEO(最高経営責任者)として率いる米国投資会社バークシャー・ハサウェイが初の本格的な日本株投資に乗り出したとして、昨年話題になった。

 8月、伊藤忠商事など5大商社株を5%超保有したことを明らかにした。将来的には9.9%まで買い増す可能性にまで言及。5大商社の株価は8月31日、一時急騰した。環境などに配慮するESG投資の普及で敬遠されがちな資源株を買う一環で“ソーゴーショーシャ株”に目をつけた、との解説がなされた。だが、「同じ業界の株式をまとめて5社買うのは異例。投資の意図がよくわからない」(国内の運用会社幹部)などと、いぶかる声も少なくなかった。

 伊藤忠の岡藤正広会長兼最高経営責任者(CEO)は「出遅れていた日本株、特に商社株に世界有数の投資家が関心を示したことは日本市場全体にとって明るいニュース」とコメントした。

 商社は国益のために資源を調達する機能を果たしてきたことから、取り扱う商品のなかで資源の比率が高い。資源価格の下落で業績が悪化し、株価は低迷してきた。資源の売り上げ比率が小さい伊藤忠株は、2020年3月のコロナショック以降、商社株のなかでは相対的に優位に立っていた。

 大納会(20年12月30日)の伊藤忠の株価は上場来高値の2981.5円をつけた。終値を基準とした時価総額は4.7兆円弱。三菱商事(3.7兆円)、三井物産(3.2兆円)の2Mに大差をつけた。

 21年3月期の連結最終損益予想は、伊藤忠が4000億円なのに対して三菱商事は2000億円と半分の見込み。20年3月期は最終損益で三菱商事に一歩及ばなかったが、悲願としてきた「商社ナンバーワン」の達成が目前に迫ってきた。

 10年4月に社長に就任して以来、経営トップとして11年目を迎える岡藤氏が培ってきた経営手法が社内に浸透したからであり、「非資源の比重が高いから」という単純な理由ではない。

非資源の分野に幅広く投資

 大手商社は2000年以降、資源への投資を拡大してきた。国際商品市況が上がれば手っ取り早く利益を挙げられるからだ。だが、岡藤氏は資源以外の分野に幅広く投資してきた。

 年の瀬が迫った20年12月22日、伊藤忠と日立造船がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで世界最大級のごみ焼却発電を受注したと報じられた。ドバイの家庭から出る一般ごみを燃やし、その余熱で発電する。総事業費は約1200億円。24年に稼働する予定で35年間、運営も担う。現地では環境対応のため再生可能エネルギーの導入が進む。そうした新規需要を取り込むのが狙いだ。本格展開する総合商社は少ないが、伊藤忠にとって、ごみ発電は重要な分野なのだ。仏スエズと組み英国の4カ所でごみ発電所を運営している。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合