NEW

Apple Watch Series 6は買いなのか? 実際に1カ月間使用して気づいた意外な魅力とは

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年9月、Appleから最新型のスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」が発売された。「Apple Watch Series 6」では血中酸素濃度を計測できるのが目玉機能となっているが、それ以外にどんな魅力があるのだろうか?「Apple Watch Series 6」」は買いなのか? そこで今回は「Apple Watch Series 6」の意外な魅力を、実際に1カ月間使用してみた筆者が紹介する。

血中酸素濃度の計測以外に魅力はあるの?

Apple Watch Series 6は買いなのか? 実際に1カ月間使用して気づいた意外な魅力とはの画像1

 2020年9月18日、Appleからスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」が発売された。第6作目となる新モデルの価格は42,800円(税別)からとなっている。すでに購入した人も多いだろうが、「Series 6」の魅力はどこにあるのだろう。果たして買いなのだろうか?  まず、「Apple Watch Series 6」で最初に注目されるのが、血中酸素濃度を計測できるセンサーと「血中酸素ウェルネスアプリ」を搭載していること。腕を15秒間動かさずにいるだけで血中酸素濃度の計測が可能なので、一般的なフ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合