他の芸能事務所からも感嘆の声…トップコート、華麗&巧妙なマスコミ対応の舞台裏の画像1
菅田将暉

 木村佳乃を筆頭に、杏、佐々木希、松坂桃李、菅田将暉、中村倫也ら多くの人気俳優を抱える芸能事務所、トップコート。“ナベプロ”の呼称で親しまれた老舗芸能事務所、渡辺プロダクションの創設者である渡辺晋氏の次女、渡辺万由美氏が代表を務め、木村佳乃を第一号タレントとして1995年に設立され、今もっとも勢いに乗る芸能事務所の一つとして知られる。

 そんなトップコートだが、昨年から相次ぐ不測の事態に追われ、落ち着かない日々が続いているようだ。

 まず挙げられるのが、杏の元夫の俳優・東出昌大の不倫騒動だろう。昨年1月に東出と女優・唐田えりかの不倫が明らかになり、8月に正式に離婚。6月には佐々木希の夫のお笑いタレント・渡部建(アンジャッシュ)の不倫が報じられ、発覚から約6カ月が経過した12月に謝罪会見を開いたのだが、かえって世間からバッシングを浴びる事態となった。

 さらに12月には松坂桃李が、女優の戸田恵梨香と電撃婚を発表するという“おめでたい”出来事もあったが――。

「松坂の根強いファンは、大半は女性。しかもお相手がこれまで数多くの俳優と浮名を流してきた戸田とくれば、人気低下は避けられない。トップコートのスタッフは女性が多いですが、戸田との結婚には複雑な心境を抱いているのではないでしょうか」(芸能事務所関係者)

 こうした波乱が続くなか、トップコートの対応が業界内で注目されているという。

「東出の不倫については何がきっかけになってマスコミに情報が流れたのかはわかりませんが、『週刊文春』(文藝春秋)による第一報のタイミングで、スポーツ紙各社のトップコート担当記者には事務所からしっかりレクチャーが行われていました。また、11月に渡部が大みそかの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)で復帰するとスクープされた件では、報道時点では収録は行われておらず、ごく限られた人間しか知り得ない情報がマスコミに漏れたということで、佐々木から情報を聞いたトップコートが復帰話を潰すために懇意のマスコミにリークしたのではないかという見方も広まりました。もし渡部が強引に復帰して世論の反発を招けば、佐々木にとってもマイナスですからね。

 一方、松坂の結婚については、交際が一切漏れることなく見事に結婚発表までもっていった。この3つの対応には、他の芸能事務所関係者からも感嘆の声が挙がっているほどです」(芸能事務所関係者)

 また、週刊誌記者はいう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合