NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

新型コロナ、収束にはワクチン接種が最重要…安全性・効果・副作用は?変異種にも対応可能?

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
新型コロナ、収束にはワクチン接種が最重要…安全性・効果・副作用は?変異種にも対応可能?の画像1
「Getty Images」より

 1月7日、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に、緊急事態宣言が発令された。さらに大阪、兵庫、京都も緊急事態宣言の発出を政府に要請。12日には、愛知と岐阜が共同で政府に同宣言の発出を要請することを決定した。新規感染報告が過去最多を記録し続ける現状に歯止めがかかることが期待されるが、緊急事態宣言には法的強制力がないため、国民がどう受け止め、どう行動するかがカギとなるだろう。

 新型コロナウイルスの現況と緊急事態宣言中に我々が取るべき行動について、慶應義塾大学医療政策・管理学教室特任助教、坂元晴香氏に話を聞いた。

新型コロナ、収束にはワクチン接種が最重要…安全性・効果・副作用は?変異種にも対応可能?の画像2
坂元晴香氏

 2020年4月にピークを迎えた第1波では、東京と地方都市を中心として全国で感染が拡大したことを受け、4月7日に最初の緊急事態宣言が発令され、新規感染者は減少傾向となり5月25日に解除された。8月にピークを迎えた第2波では、繁華街など「夜の街」での感染が目立ったことから、飲食店への休業要請などが行われ、感染は減少傾向へと向かった。現在は第3波の真っ只中、これまでとの違いはどこにあるのか。

「特に第2波と第3波の違いに関して、第3波流行当初から言われていたのは、年齢層だと思います。第2波では、ほとんどが20~30代の若い人だったのに対し、第3波は当初からすべての年齢層に満遍なく患者が発生していました。

 また、流行の中心地でしょうか。第2波は、いわゆる夜の歓楽街が中心だったのに対し、第3波は歓楽街に限らず、飲食(必ずしもお酒や接待を伴わない、昼食や職場の休憩室での食事等)が起点になっている点だと思います」(坂元氏)

 都内での新規感染者が連日2000人を超え、全国の感染者も7000人を超え、過去最多を更新している。これは“感染爆発”と捉えるべきだろうか。

「ここ数日の感染者数の増加でもわかる通り、第1波・第2波に比べて感染者数の数が桁違いです。捕捉できていない潜在的な感染者数も含めると、第1波・第2波より相当感染者数が多い状況かと思われます」

 感染爆発の様相を見せ始めた頃、「変異ウイルス」のニュースが、さらなる不安をもたらした。イギリスでは1日の死者数が1000人を超え、その原因が変異ウイルスによるものと推測された。変異ウイルスの蔓延を防ぐため、イギリスでは3回目のロックダウンが行われている。

なぜ今、変異ウイルスに注目?

 しかしながら、変異ウイルスの報告は感染拡大当初からあったが、なぜ今、変異ウイルスに注目が集まるのか。

「確かに、これまでもウイルス変異株の報告はありましたが、それらは基本的にウイルスの性状(感染力や重症化のしやすさなど)には変化を起こさないものでした。一方で、今回の変異株の報告は、ウイルスの性状そのものに変化が見られたことが問題になっています。現在言われているのは、主に感染力(感染の拡大しやすさ)が高まったということです」

 米英では1日の死者数が増加し続けており、変異ウイルスによるとの見解もある。すでに日本にも変異ウイルスに感染して帰国した人がいるとの事実から考えれば、米英と同様に、今後さらなる死亡者の増加が危惧される。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合