NEW

淘汰される“指示待ち人間”から脱却する方法…アップルが毎年、新型iPhoneを発売する理由

松下一功/ブランディング専門家、構成=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

淘汰される指示待ち人間から脱却する方法…アップルが毎年、新型iPhoneを発売する理由の画像1
「gettyimages」より

 みなさん、こんにちは。元グラフィックデザイナーのブランディング専門家・松下一功です。

 2020年はコロナ騒ぎに始まって、生活様式の変化など、いろいろなことがありましたね。社会の変化も大きく、中小企業を中心に倒産が相次ぎ、「コロナ解雇」という言葉も生まれました。読者の中にも、「会社は社員を守ってくれない」と実感した方が多いのではないでしょうか?

 そんな急激に変わりつつある今の日本では、「マーケティング脳からの脱却」が、生き残れるかどうかを左右します。うまくマインドチェンジをして「マーケティング脳」から「ブランディング脳」に切り替えないと、これからの社会では通用しなくなるでしょう。

 そこで今回は、日本の会社員がマーケティング脳になってしまう理由や、マーケティング脳での生き方が通用しなくなる理由などについて、お伝えします。

アップルが毎年、iPhoneの新機種を発売する理由

 今の日本社会は、それまでの経営戦略からブランディング戦略に切り替えようとしている過渡期と言えます。しかし、実際にはうまく切り替えられず、目的と手段がイコールになっていたり、すり替わっていたりして、真のブランディング戦略を実践できていない企業がほとんどです。

 その理由は、前述したマーケティング脳にあります。マーケティング脳とは、自分のやりたいことや能力は二の次で、何よりも相手(お客様・会社)の都合や置かれている環境に合わせようとする思考のことを言います。これは、言ってしまえば高度経済成長期の名残です。

 高度経済成長期は生活に必要なモノが不足していたため、人々のニーズが先行して、それを補うように商売が成り立っていました。そのため、各企業はニーズに応える製品やサービスを展開することで、成長してきました。この成功体験をいまだに引きずっていることが、マーケティング脳からブランディング脳への切り替えがうまくいかない大きな原因です。

 海外に目をやると、まず買い手側に「ニーズ」が生まれ、それを補うようにしてモノやサービスが生まれて、大きな経済成長を果たしていくという流れが同じであっても、その後に売り手側に「ウォンツ」が生まれています。

 ここで、iPhoneを例にしてみましょう。情報社会となった今、スマートフォンは1人1台の時代と言っても過言ではありません。そんな中で、アップルは毎年のようにiPhoneの新機種を発売しています。それは、「スマートフォンが欲しい」というニーズを補うためではありません。自分たちが欲しいと思う新たな機能を搭載して、グレードアップした機種を「より便利になりました。ぜひ使ってみてください」と、プレゼンしているようなものなのです。

 モノやサービスが充足している中で、売り手側のウォンツが生まれてくると、経済成長は緩やかになります。しかし、売り手側が「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しながら自分たちなりのブランディングを確立し、その下でつくられたモノやサービスは、簡単には揺るがない経営の柱となるのです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合