NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

「暖房ベスト」ヒットの兆し…“着ぶくれ”なし&快適、自宅・オフィス・建設現場で愛用

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

「暖房ベスト」ヒットの兆し…“着ぶくれ”なし&快適、自宅・オフィス・建設現場で愛用の画像1
充電式暖房ベスト」(「マキタ HP」より)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で暖房ベストがブレイクしそうだ。暖房ベストとは、ナイロンやポリエステルでつくられたベストの中に発熱体を埋め込んだものだ。今やカジュアルシーンだけではなく、スーツの下に着用している会社員も見かけるようになった。寒冷地では感染防止のために寒さに震えながら換気を余儀なくされる学校やオフィスもあり、さらに需要の裾野が広がるのではないか。

 暖房ベストは「ヒートベスト」「電気ベスト」など、さまざまな商品名で発売されている。最近では温度を3段階に調整ができるものなど、バリエーションも多彩になってきた。価格は数千円のものから2万円ぐらいのものまでと幅広い。着用時にはモバイルバッテリ(携帯用バッテリ)を使用することは共通で、バッテリとベストのジャックやUSBコネクタなどをつなぎスイッチを押すだけと操作も簡単だ。

 実は筆者も着用している。隙間だらけの古い木造の我が家では、エアコンとファンヒーターを同時に使用しても、たいして暖かくはならない。冬は背中一面にカイロを貼り、ヒートテックを着て凌いできたが、カイロも1回で6枚ほど貼るので金額もかさむ。ヒートテックも汗をかけば、すぐに着替えをしないと体が冷え、着替えも何枚も必要という問題があった。

 暖房ベストの存在を知っても「気持ち程度の効果だろう」と、それほど期待はしていなかったが、寒さに耐えかね購入して着用したところ、まるでコタツをまとっているようだ。何より、朝起きてすぐに動ける快適さが嬉しい。

 調べてみると、アウトドアを楽しむ人やバイクや自転車に乗る人に以前から愛用されているらしい。最近では、体の冷えや腰痛の緩和を期待したい人など健康上の理由から着用する人も増えている。さらには、スーツの下に着用する人も現れ、ビジネスシーンにも活躍の場が広がっている。スィッチを入れなくても意外に暖かく、着替えが簡単にできない会社員にとって、汗ばむ前にスィッチを消したりと温度調整ができる手軽さが、会社員の支持を後押ししているようだ。                  

“+10℃ 体の芯から素早く暖める”

 コロナ禍で例年以上に体調管理が求められるなか、暖房ベストはさらにブレイクする予感がするが、製造・販売している株式会社マキタ広報に聞いてみた。ちなみに、同社は電動工具メーカーとしては世界170カ国に販売網を持ち、2019年度国内シェア約60%、世界シェア約25%と世界トップクラスを誇る。海外でも暖房ベストを販売している。

――暖房ベストがブレイクしそうですが、いかがですか。

マキタ 電動工具が主に使われる建設・建築現場では、屋外や暖房設備が十分でない現場もあり、やはり気温が下がる冬場には欠かせない商品となっています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合