新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2020年は自動車業界もおおいに翻弄された。特に上半期は新車の発売が遅れ、下半期にずれ込むということもあった。

 そんな特別な年だった2020年。筆者がこの1年で200台以上乗ったクルマのなかから、国産・輸入車問わずベスト5をチョイスしてみたい。すでに他媒体でもベスト3を発表しているが、その原稿執筆の後にも試乗を重ねており、その原稿とは順位が入れ替わっていることをお伝えしておきたい。

第5位、BMW M440i xDrive Coupe、FR車のように、アクセルを踏めば踏むほどフロントが入り込むコーナリング

 まず、第5位はBMW4シリーズ。試乗したのはM440i xDrive Coupeで、車両本体価格は1025万円だ。

 大きく縦方向に拡大したキドニーグリルに賛否両論はあったが、試乗車はブラックアウトされていてあまり目立たなかった。それ以上に、全長4775mm×全幅1850mm×全高1395mmというボディサイズが非常にコンパクトに凝縮されて見えるデザインが、なんとも秀逸だ。

 搭載するエンジンは最高出力387ps、最大トルク500Nmを発生する3L直列6気筒ターボ。アクセルレスポンスがよく、踏むとリニアに反応してくれてエンジンの回転数に合わせてどこまでも加速していきそうなフィーリングが特徴。駆動方式はx-Driveという4WDだが、装着されているタイヤはフロントが225/40R19、リアが255/35R19とFR車のように前後異サイズというのも面白い。

 運転してみると、4WD特有のハンドルを切った分だけ曲がらないアンダーステアは微塵もなく、コーナーを曲がる際にはFR(後輪駆動)車のようにアクセルを踏めば踏むほどフロントが入り曲がってくれる。その際リアは滑るのではなく、しっかりと路面をとらえて曲がっていくので、どんな人でも安心して楽しめるのだ。5位に入れたのは、3Lターボエンジンのフィーリングのよさ、そしてアクセルコントロールでコーナーを曲がるという感覚が非常に楽しかったからだ。

ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像1
BMW4シリーズのM440i xDrive Coupe。アクセルレスポンスがよく、どこまでも加速していきそうだ。
ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像2
ボディサイズがコンパクトに凝縮されて見えるデザインが秀逸だ。
ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像3
リアが滑るのではなく、しっかりと路面をとらえて曲がっていくので、どんな人でも安心して楽しめる。

第4位はスバル・レヴォーグ、調教されたサラブレッド、決して暴れ馬ではない

 第4位は、日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021のイヤーカーに輝いた、スバル・レヴォーグ。試乗したのは、進化した運転支援システム“アイサイトX”を搭載したSTI Sport EXで、車両本体価格は409万2000円だ。

 先代モデルには、非力感が否めない1.6Lターボと最高出力300psを発生するパワフルな2Lターボという2種類のエンジンが搭載されていたが、現行型では最高出力177ps、最大トルク300Nmをレギュラーガソリンンで発生する新開発の1.8Lターボエンジンのみとなっている。

 ボディサイズは全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mmと大型化せずに、都市部に多い立体駐車場(高さ制限155cm)に対応しているのも美点だ。

 またSGPと呼ばれる新プラットフォームに加えて、ボディ全体の骨格連続性を高める「フルインナーフレーム構造」や、微小な変形を抑える「構造用接着剤」などを採用し、高剛性化と軽量化を両立している。

 試乗した印象は、先代モデルがスポーティさを前面に押し出していたのに対し、現行型は非常に質感が向上しワンランク上の高級車のような走りとなった。もちろん、ドライブモードをスポーツやスポーツ+に選択すれば、エンジンのフィーリングやステアリング操作、そして4WDの制御などがよりダイナミックになるのだが、それでも調教されたサラブレッドのようなもので、決して暴れ馬にはならない。この点が、このレヴォーグで最も大きく進化した点だろう。

 アイサイトXは、現在の国産車では最も優れた運転支援システムであることは間違いない。それでも4位に甘んじたのは、やはり電動化への対応。スバルはe-BOXERというハイブリッドシステムを採用しているが、他社と比べると出遅れている感が否めない。この点を考慮して4位とした。ただし、商品の魅力自体からいえば、もっと上位となる実力は秘めているといえよう。

ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像4
スバル・レヴォーグのSTI Sport EX。進化した運転支援システム“アイサイトX”を搭載している。
ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像5
高剛性化と軽量化を両立したボディ。大型化せずに、都市部に多い立体駐車場に対応しているのも美点。
ホンダN-ONEかスズキハスラーか…軽の新時代となった2020年の車、ベスト5を考察の画像6
調教されたサラブレッドのようなもので、決して暴れ馬にはならない。ワンランク上の高級車のような走りだ。
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合