NEW
鈴木純男「保険会社に流されない『コロナ下の保険選び』のツボ」

自動車保険、代理店系とダイレクト系はどっちがお得?ソニー損保の一歩進んだ割引制度とは

文=鈴木純男/金融ジャーナリスト
自動車保険、代理店系とダイレクト系はどっちがお得?ソニー損保の一歩進んだ割引制度とはの画像1
「gettyimages」より

 1月8日から、昨年春に続いて2回目の緊急事態宣言に入りました。前回は人も車も街からすっかり消えるなど、風景が一変しました。個人も法人も自動車で出かけることを手控えて交通量が減った結果、自動車事故が大きく減少し、自動車保険を販売する損害保険各社に、保険金の支払い減という形で思わぬ恩恵をもたらしました。

 自動車ディーラーなど販売店や代理店の営業自粛などで、自動車保険・自賠責保険の販売量が4~5月にかけて激減した結果、対面販売が中心の国内の大手損保などは収入保険料を減らしましたが、保険金の支払額の減少は利益にプラスとなって働きました。

 こうした状況下で、新型コロナの影響が業績面でよりプラスに働いたのは、インターネットなど非対面で自動車保険を販売するダイレクト系の損害保険各社です。

 現在、国内では規模の大きな順に、ソニー損害保険、チューリッヒ保険、セゾン自動車火災保険、アクサ損害保険、三井ダイレクト損害保険、イーデザイン損害保険、SBI損害保険の7社のダイレクト系損保会社が事業展開しています。この7社は、2020年第1四半期(4~6月)の収入保険料が前年同期比から増収となりました。セゾン自動車火災やSBI損保に至っては、前年同期から20%以上も伸びています。

 この間、代理店を主力の販売網とする国内損保各社(東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパンなど)は軒並み、収入保険料が前年同期からマイナスに沈みました。対面営業が自粛に入ったため、当然といえば当然です。その一方で、非接触・非対面で契約ができるダイレクト系損保を自宅で比較検討する人々が増えて、その結果として、代理店系損保からダイレクト系損保への乗り替えが進んだと見られています。

ソニー損保の一歩進んだ割引の仕組みとは

 自動車保険は生命保険とは異なり1年更新のため、毎年損保会社や商品を見直すことが可能です。20等級を最大の割引率にしたノンフリート等級制度は損保会社が変わっても引き継がれるので、見積もりや申し込みの手間さえ厭わなければ、契約を変えることは比較的容易です。

 ダイレクト系損保の自動車保険の強みはやはり、代理店系の損保と比べて安い保険料でしょう。これには異論はないと思います。車両保険に始まり、対人・対物補償、人身傷害補償など、代理店系損保とダイレクト系損保で補償内容はほとんど変わりません。補償内容が変わらないのに、なぜ保険料が高い代理店系損保の自動車保険の方が売れているのでしょうか。

 その理由としては、(1)自動車ディーラーなどで新車を購入した際に自動車保険をセットで加入する人が多いこと(多くのディーラーは代理店系の大手損保4社の代理店になっています)(2)代理店系の損保が既存の契約者の保険の更新の際に、しっかりとアプローチをして確実に契約更改をしていること、(3)ダイレクト系損保の保険料の安さやサービスの魅力に気がついていない人がいること、などがあると思います。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合