WIN5で100円が4億8千万円に!JRA東海ステークスでも特大万馬券の可能性!の画像1
東海ステークスは、まさかの穴馬が出走

 1月11日の日本中央競馬会(JRA)において発売された馬券「WIN5」で、史上最高額となる4億8178万3190円が飛び出した。的中者はわずか1名だから、その4億8000万円余りは独り占めしたことになる。年末の宝くじは7億円という高額当せん金だったにもかかわらず、あまり話題にならなかったが、この4億8000万円馬券は多くのニュースで取り上げられており、今後は同様の一獲千金を狙ったファンが増えることだろう。

 しかし、このWIN5は指定された5レースの勝ち馬を予想する特殊な馬券。基本的に週に1度しか発売されないため、何度も挑戦できるわけではない。ゆえに、WIN5を安定して的中させるのは、かなり高い難易度だ。WIN5は発売から今年で10年となるが、その間に1億円以上の配当は何度もあった。そして4億円以上の払い戻しは今回で3度目だが、最高配当額6億円は、まだ発生していない。いずれはお目にかかれる日が来るだろうが、それがいつかは誰にもわからない。

 今週もWIN5は販売されるが、それ以上に注目したいのが、JRAのダートG1レースであるフェブラリーステークス(G1)の前哨戦として行われる東海ステークス(G2)だ。このレースは1984年に創設され、今年で37回目。以前は春や夏に行われていたが、2013年からフェブラリーステークスの前哨戦として行われるようになった。優勝賞金は5500万円と高額で、かつてグレープブランデーやコパノリッキー、インティらがこのレースを制し、本番のフェブラリーステークスも勝利している。つまり、フェブラリーステークスに向けて、もっとも重要な前哨戦といえるだろう。

 また、過去10年で万馬券は7回、人気馬同士による決着も多く、馬券としてWIN5よりも手頃なレースと思われる。とはいえ、初心者がビギナーズラックだけで的中できるほど、競馬は易しくない。競馬で勝つには、さまざまな知識と経験が必要だからだ。

 だが、どんな初心者であっても、トップジョッキーの武豊や2020年のJRA年度代表馬アーモンドアイを知らなくても、この東海ステークスを的中させる方法があることをご存じだろうか。それは、競馬情報のプロフェッショナル集団である「マスターズ」の情報を利用することである。

 マスターズは、その名を知れば誰もが驚くような競馬界の大物関係者が多数所属し、日本中の競馬施設にネットワークを構築、全国からありとあらゆる競馬情報を集めている。そして競馬情報においてもっとも重要な【馬主・厩舎・騎手】の三大要素に特化したチームがあり、数多くの的中を成し遂げてきた。

WIN5で100円が4億8千万円に!JRA東海ステークスでも特大万馬券の可能性!の画像2
マスターズが把握する馬主・厩舎・騎手の三大要素

 現在、競馬マスコミは新型コロナウイルスの感染防止対策でJRAから取材規制を受けており、実際に存在する情報のごく一部しか入手できない状況にあるという。しかしマスターズは、そんな影響を受けず独自に極秘情報を入手。実際にスポーツ紙や競馬専門紙が無印の人気薄馬をマスターズが本命に指定して、特大万馬券的中という結果は何度も発生している。

 2021年も競馬開催初日の1月5日に、いきなり3連単・19万8500円の特大万馬券的中という大仕事をやってのけている。この的中馬券を1点買えば、その払戻金は約20万円、500円買えば約100万円、1000円買えば約200万円という、まさに夢の特大万馬券。こんなレースを難なく的中させているのだから、このマスターズが入手する情報の確かさと彼らの分析力の高さは、見事と言わざるを得ない。

WIN5で100円が4億8千万円に!JRA東海ステークスでも特大万馬券の可能性!の画像3
まさに衝撃の19万馬券!

 またマスターズは昨年の東海ステークスも的中させているが、今年は昨年以上の自信で的中を確信しているという。レースは1月24日の日曜日に行われるが、ここにひとつ朗報が届いた。なんとマスターズは、この東海ステークスの情報を「無料公開」すると発表したのである。

 なぜ、彼らはそれほど価値のある情報を無料公開するのか。そして、その情報はどういった内容なのか。彼らから聞いた話は、まさに衝撃的なものであった。

「東海ステークスはフェブラリーステークスに続くレースなので、関係者の思惑は非常に複雑です。フェブラリーステークスのための叩き台なのか、それともフェブラリーステークスは勝負にならないのでここで全力投球か。はたまた偶然出走できそうだったので、今後のために出走させるだけなど。それらの思惑を知ることができなければ、このレースを狙って的中させることは困難でしょう。

 我々は昨年の東海ステークスも的中させていますが、そういった思惑をしっかり把握してのもの。そして今年もすでに全馬の関係者から思惑を入手しており、鉄板級の本命馬も判明。その馬から相手も3頭で的中できるだけの確信を得ています。しかも2018年のコスモカナディアン(13番人気・2着)、2017年のモルトベーネ(12番人気・2着)に匹敵する穴馬情報も入手しており、これが話通りに決まれば馬連の万馬券まで考えられます。

 今回、緊急事態宣言の発令を受け、競馬ファンだけでなくすべての方に競馬で楽しんでもらうために、この東海ステークスの無料情報を公開します。完全無料ですので、この大勝負にぜひご参加ください」(マスターズ担当者)

 この話を聞いて胸が高まらない人はいないだろう。まさに一獲千金のビッグチャンスと期待が高まる内容であった。そして誰もが、ぜひ馬券を買ってみたいと感じたはずだ。

 マスターズは過去に何度か「無料情報公開」を実施しているが、その的中率は非常に高い。実際に、昨年秋もジャパンカップ、秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)など多くのG1レースを的中。この東海ステークスもかなりの期待が高まっている。

 馬券は20歳以上であれば誰でも購入でき、今はコロナウイルスの感染防止のため場外馬券売場や競馬場の利用は制限があるが、インターネットを使って家からでも気軽に購入できる。しかも現在は、有料放送であるグリーンチャンネルが無料で放送されており、すべてのレースを無料で観戦できる。今は我慢のステイホームであるが、競馬があることで充実した週末を過ごすことが可能だ。

 さらに、馬券を購入すれば、より感動と興奮が増えるのは言うまでもない。そのための情報は、マスターズを利用するのが最適だろう。2021年もますます盛り上がる競馬。この流れに取り残されないためにも、週末はマスターズの無料情報を活用し、競馬の醍醐味を体感しよう。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!東海ステークス(G2)・馬連3点勝負】マスターズ

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合