NEW

多重債務発覚のカリスマ・ギャンブルYouTuber、破産=債務免責が認められない懸念

文=編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士
【この記事のキーワード】

, ,

多重債務発覚のカリスマ・ギャンブルYouTuber、破産=債務免責が認められない懸念の画像2
YouTubeチャンネル「世界のヨコサワ」より

 年明け早々、あのカリスマYouTuberの衝撃の事実が判明し、物議を醸している――。

 登録者数約55万人を誇る人気YouTubeチャンネル「世界のヨコサワ」で知られるYouTuber・ヨコサワ氏(横澤真人氏)は、世界中で開催されるポーカー大会に出場して賞金を稼ぐプロポーカープレーヤーで、3年ほど前に同チャンネルを開設。海外の大会に出場する様子を収めた一連の動画は人気を博し、たとえば昨年11月に投稿された動画『プロギャンブラーは24時間寝ないでギャンブルし続けたらいくら稼げるの???』は再生回数が100万回以上に上っている。

 頻繁に投稿される動画内では、大会参加費を含め毎回数百万円単位のお金をかけ、あるときは“大負け”、あるときは“大勝ち”してどん底と至福の瞬間をジェットコースターのように行き来するヨコサワ氏が映し出され、高級ホテルのセミスイートルームに宿泊したり、高級レストランで食事を楽しむ“セレブな生活ぶり”も売りの一つとなっている。

 たとえば今月1日に投稿された動画『【大逆転】借金まみれのプロギャンブラーが本気出したら1日○○○万円勝ち?!!!』では、「半年間無収入だった」というヨコサワ氏が知人から借りた300万円を軍資金にラスベガスに渡り、高級ホテルの「ベラージオホテル」のセミスイートに宿泊しながら3日間で150万円を稼ぐ一部始終が伝えられている。

 このほかにも、

『【最終章】カジノ閉鎖、ホテル追放、1000万負け、所持金ゼロ。もう終わりです。』

『2000万円持ってロサンゼルス最大のポーカー大会に挑戦してみた!!!』

『まさかの1000万円負け?ラスベガス滞在50日間の全収支発表します!!!【ラスベガス後編】』

『【奇跡】ギャンブラーの生活に密着したら4日で1200万勝つ衝撃映像が撮れました。』

など、常人離れした金銭感覚がうかがえるタイトルの動画が並んでおり、ヨコサワ氏の破天荒なキャラクターが多くのファンを獲得しているようだ。

 そんなヨコサワ氏が、実は多重債務に陥っているという情報が今年に入りSNS上で拡散。これを受け、ヨコサワ氏は7日、『今回の騒動について説明します。』と題する動画を投稿。

「高金利の多重債務に陥っているというのは事実です」

「この借金は、私が前職の事業を破綻させてしまったときに負ってしまった借金」

「借金の借り換えを行っているうちに、高利子で雪だるま式に負債が膨らんでいってしまい、ポーカープレイヤーとして活動している現在も毎月返済を続けています」

などと釈明した。

「ヨコサワ氏の動画を見る限り、典型的なギャンブル中毒という印象です。昨年、コロナウイルス感染拡大下で自治体からの要請を無視して営業を継続したパチンコ店に、県外からも客が殺到しましたが、儲けるか損をするかに関係なく、“ギャンブルをやらずにはいられない”人というのは一定数います。ヨコサワ氏も、何度も大損して借金する経験をしてもなお、“大勝”したときの快感を求めてひたすら大金を突っ込んでしまう。お金を儲けること自体は目的ではなく、破滅型のギャンブラーのようにみえます」(ギャンブルに詳しい週刊誌記者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合