NEW

森七菜“移籍騒動”に乱れ飛ぶ怪情報…二階堂ふみが橋渡し?親が出てきてこじれるケースも

文=編集部
【確認中】森七菜“移籍騒動”に乱れ飛ぶ怪情報…二階堂ふみが橋渡し?親が出てきてこじれるケースもの画像1
「電撃移籍騒動」の渦中にある森七菜(19)。“あざかわ”(あざとかわいい)として、大注目の若手人気女優に一体何が……。(画像はソニー・ミュージック公式サイトより)

 1月15日、突如報じられ大きな話題となっている、若手人気女優・森七菜(19)の「電撃移籍騒動」。その裏に何があったのか。

 発端となったのは、1月15日昼に東スポWebが報じた記事。森のもともとの所属事務所である「ARBRE」(アーブル)公式サイトから森のプロフィールが削除され、同時に公式インスタグラムのアカウントも消失し、憶測を呼んでいる……というものであった。

「出身地の大分県でスカウトされ芸能界入りした森は、“オーディションに強い”ことで話題に。2016年のデビュー早々、映画監督・行定勲氏が制作するウェブCMの出演をオーディションで勝ち取り、その後も園子温監督の2017年のアマゾンプライムオリジナルドラマ、同年の映画『心が叫びたがってるんだ。』、翌2018年には岩井俊二監督の『ラストレター』(2020年公開)等々、すべてオーディションで勝ち取っています。

 同じくオーディションで勝ち取った新海誠監督のアニメ作品『天気の子』(2019年公開)のヒロイン役、昨年のNHK朝の連ドラ『エール』への出演、森自身が歌ったホフディランのカバーソングで話題となった『オロナミンC』CMへの出演、そして10月クールに連ドラ『この恋あたためますか』(TBS系)では主演を務め、一気にブレイク女優の仲間入りを果たした。ナチュラルな魅力が“あざかわ”(あざとかわいい)などとして、今後の活躍が大いに期待された矢先でのこの騒動、何があったのでしょうか……」(芸能ライター)

森七菜の移籍騒動は、CMクライアントを激怒させてしまう可能性もある

 上記の東スポWeb報道の数時間後、スポニチアネックスが森について、二階堂ふみ土屋太鳳などが所属する大手芸能プロ「ソニー・ミュージックアーティスツ」(以下、SMA)への移籍が濃厚であることを報じる。SMAはスポニチの取材に対し、「現場をサポートさせていただいているのは事実です。今後の事は整い次第ご案内させていただきます」とコメントしたとのことで、その後も複数のメディアがこれを後追い報道し、どうやら移籍自体はほぼ事実の模様だ。

 しかし問題は、なぜこれほどの騒動になってしまったのか……ということだろう。

「今回のような騒動が起こってしまっては、ファンや関係先を心配させてしまう。大塚製薬のサイトを見てみるとオロナミンCのCMには引き続き森さんが出演中のようですから、場合によってはCMクライアントを怒らせてしまう結果にもなりかねない。だからこそ事務所移籍の際は、新事務所と旧事務所とが互いに段取りを整え、関係各所に周知して仁義を通したあと、場合によってはマスコミにも根回ししたのちに、本人が公式ブログ等で発表する……というのが通常の流れでしょう。

 ところが今回のケースでは、青天の霹靂のように旧事務所の公式サイトから森のプロフィールが消え、公式インスタも削除された。これはもう、少なくとも旧事務所側が納得していないということの何よりの証しでしょうね」(大手芸能プロ関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合