サイゾーウーマンより】

NHK大河『麒麟がくる』、視聴率13.6%に上昇! 吉田鋼太郎の“怪演”に「大河史上一番カッコいい」と絶賛の声の画像1
『麒麟がくる』(NHK)公式サイトより

 1月10日に第40話が放送された、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』。長谷川博己演じる戦国武将・明智光秀を主人公にした同作だが、今回は俳優・吉田鋼太郎の“怪演”に注目が集まったようだ。

 織田信長(染谷将太)の部下である松永久秀(吉田)は、大阪本願寺への侵攻の際に前線から離脱。その後、光秀が松永に離反した理由を問いただしたところ、信長が家筋を重んじて、筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護を任せるのが許せないと不満を吐露する。松永は「わしにも意地がある」と、命の次に大切にしているという茶器・平蜘蛛を光秀に託し、本願寺側につくことを宣言する……という内容だった。

「その後、織田家の討伐軍により、居城の信貴山城に追い詰められた松永は、『げに何事も一炊の夢』との言葉を残し、居室に火を放った後に自刃。これらシーンについて、ネット上では『吉田鋼太郎の松永久秀、もう最高!』『大河史上一番カッコいい松永だった』『吉田さんの怪演が素晴らしい! 実質、松永久秀の回だった』など、絶賛の声が相次ぎました」(芸能ライター)

 ほかにも、「いよいよクライマックスだね」「緊張感が増してきて目が離せない」といった感想も見受けられ、最終回に向けてさらに注目が集まっている。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合