生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現在、国と企業が力を合わせて利用の普及拡大を目指した様々な取組みが行われているキャッシュレス決済。「現金を使うよりもおトク」という観点から、昔から存在するクレジットカード決済やここ数年で一気に存在感を増したQRコード決済などが幅広い世代の人々に浸透していき、もはや支払いは現金オンリーという勢力のほうが珍しい世の中となってきた。
今回は、そんな急速に進むキャッシュレス化の中で、消費者側だけでなく店舗側もキャッシュレス対応を急がなければならなくなりそうな調査結果をご紹介したい。

加速する“現金離れ”で進むキャッシュレス化

加速する現金離れ! QRコード決済使えないからと来店やめた人が3割以上に及ぶことがの画像1
(Image:slyellow / Shutterstock.com)
新しいQRコード決済もたった数年でコンビニをはじめ多くの場所で使えるように[/caption]

 国の施策で「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートするなど、世間にキャッシュレスが広まり“キャッシュレス元年”とも呼ばれた2019年。それを機に、地方の街中にある個人店のようなこれまでクレジットカード決済を導入していなかった小さな店舗でも「PayPay」をはじめとしたQRコード決済が使えるようになるなど、世の中の支払い方法が一気に変化していった。

 そんな時代における消費者意識を調査するため、マーケティングリサーチ会社「MMD研究所」は2020年…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合