NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

鶏卵業界、カネまみれの政官癒着の闇…「金の卵産む商売」、業界保護に多額税金投入

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

鶏卵業界、カネまみれの政官癒着の闇…「金の卵産む商売」、業界保護に多額税金投入の画像1
「よしかわ貴盛オフィシャルサイト」より

「本当に無責任極まる辞職の仕方で呆れる。地元北海道の有権者にも失礼だろう」――。ある全国紙政治部記者は、吉川貴盛元農水相(北海道2区選出)が15日、東京地検特捜部に収賄罪で在宅起訴されたことを受け、こう憤った。大臣在任中に大手鶏卵生産会社の元代表から現金500万円の賄賂を受け取ったとして起訴されたが、体調不良を理由に議員辞職しており、まだ国民の前で説明責任を果たしたとは言いがたい。

謝罪文が大不評

 報道などによると、吉川被告は広島県福山市に本社を置く鶏卵大手のアキタフーズ元代表の秋田善祺被告から、農相を務めた2018~19年に3回にわたって現金を受け取った。起訴された金額は500万円だが、実際にはより多く受け取っていたとみられる。吉川被告をめぐる今回の一連の動きについては、本サイトですでに報じたのでご参照いただきたい

 吉川被告は在宅起訴された15日に関係者に以下の「謝罪文」を公表したが、これが大不評だった。以下、全文を公開する。

「関係者各位

コメント

 令和3年1月15日 吉川貴盛事務所

 生後間もなく余市に移り、高校まで北海道で育ち、大学卒業後は鳩山威一郎先生と鳩山邦夫先生の秘書として修業し、昭和54年に道議会議員に初当選、3期務めさせていただきました。平成8年の総選挙で衆議院議員に初当選、以後通算6期、地元の皆様からのご支援を賜りながら、国家・国民のために一所懸命働かせていただいてきました。皆様には感謝の言葉しかございません。ありがとうございました。

 北海道の未来、そして日本の未来について政策提言し実現ができる力を磨くため、地元と東京を何度も往復し、衆議院議員を務めながら北海道大学で公共政策の修土号を取得しました。

 学生結婚をした妻と二人三脚で精一杯駆け抜けてきましたが、その妻を病気で失いました。心に大きな穴が空き、政治にも身が入らなくなったことがありました。そんな時、妻が残してくれた3人の子どもたちが手伝ってくれました。

 2年半前に患った心筋梗塞が要因し、現在、慢性心不全等により入院治療をせざるを得なくなり、昨年末に除細動器(ペースメーカー・AED)の埋込み手術を受けました。今も治療に努めているところです。術後はいままでのように動くことがままならなくなることから、術前の12月21日、いままでの政治活動を振り返りながら万感の思いで衆議院議員の職を辞することを決意しました。

 今日まで政治家吉川貴盛をお支えいただき、お世話になりました皆様に対し、いままでのご厚情に深く感謝申し上げます。

 本日、当局が単純収賄で在宅起訴したとのことであり、国民の皆様、地元の皆様、関係者の皆様に大変なご心配をおかけしてしまっていることを申し訳なく思っております。術前そして術後も当局からの事情聴取の要請に応じ、真摯に自分の認識を説明してきたところです。今後法廷でも自分の認識を裁判所に対し、しっかりと説明し、公正なご判断を仰ぎたいと思います。

以上」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合