サイゾーウーマンより】

西野亮廣、「詐欺スレスレ商法」と大炎上も……吉本興業から寵愛されるワケ! オリラジ・中田と異なる点は?の画像1
西野亮廣オフィシャルブログより

 自身が脚本・原作・製作総指揮を務める映画『えんとつ町のプペル』のチケット販売方法が、「詐欺スレスレ」と物議を醸しているキングコング・西野亮廣。騒動は日に日に大きくなり、過去に行っていたクラウドファンディングについても、ネット上で「胡散臭い」と批判の的となっているが、所属の吉本興業はこの事態を受けても「静観を貫いています」(スポーツ紙記者)という。

 西野へのバッシングが強まったのは、オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の男性会員が、情報発信サービス「note」につづった記事がきっかけ。同記事では、『えんとつ町のプペル』の“シナリオ台本&前売りチケット”の販売権を、大量に購入したと明かされていた。

「サロン会員は、シナリオ台本&前売りチケットを3,000円で購入することができ、他者にそれ以上の値段で売れば、その分利益を得られるのですが、この商法が『いかがわしいネットワークビジネスのようだ』と批判の嵐に。過去に、『西野の個展の設営/撤去作業を行える権利』や『西野を休ませる権』を、それぞれ5万円と10万円で販売したことも再び注目されるようになり、数日ほど、ネット炎上が続く状態となりました。さらに、『えんとつ町のプペル』をYouTubeなどで絶賛した堀江貴文氏や、オリエンタルラジオ・中田敦彦にも批判が集中し、騒動は収まる気配を見せません」(芸能ライター)

 それでも西野は、何事もなかったかのようにSNSを更新中。吉本にしても、まったく動く素振りもないという。

「それもそのはずで、吉本の炎上芸人の中でも、こと西野は『事務所から寵愛される存在』のようです。一部メディアから、今回の“西野商法の炎上”について問い合わせが入っているというものの、事務所は特に西野の行動を問題視していないようです。オンラインサロンに力を入れる芸人といえば、中田を思い浮かべる人も多いかと思いますが、結局、事務所を去ることになった彼とは違い、西野は明らかに“大事にされている”印象です」(前出・記者)

 問題児ながら、西野が吉本に寵愛されている理由は、「一言でいえば、ケチじゃないから」(同)なのだとか。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合