テレ東、容赦なき大改編の裏事情…『WBS』格上げ→『たけし』深夜降格→『ガイア』ステイの画像1
『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)のHPより

 夜の大改編で深夜番組へと弾き出されるのは――。

 テレビ東京の4月の番組改編で、『ワールドビジネスサテライト(WBS)』(月~金曜夜11時)が1時間繰り上がり、夜10時スタートになると18日、一部で伝えられた。1988年4月に始まって以来、33年の歴史で初の枠移動になる。現在は日本テレビ系の『news zero』、TBS系の『NEWS23』と同じ夜11時枠だが、4月からは夜10時台のテレビ朝日系の『報道ステーション』とガチンコ対決を繰り広げることとなる。

『WBS』の初代メインキャスターは政治家転身前の小池百合子・現東京都知事で、その後はフリーアナウンサーの小谷真生子アナらが担当してきた。2014年からメインキャスターを務める大江麻理子アナは、18日付スポーツ報知によれば4月からも続投するという。

 また、気になるのが同じく18日付スポーツニッポンの報道。『WBS』は、同紙によれば「金曜はこれまで通り午後11時スタートにする方向で調整。金曜10時には、別の曜日で放送中の番組が移動する見込み」という。つまり、『WBS』は4月から月~木曜が夜10時枠へ移動、金曜のみ夜11時枠を維持というわけだ。

 現在、テレ東の平日夜10時枠で放送されているのは5番組で、火曜の『ガイアの夜明け』、木曜の『カンブリア宮殿』、金曜の『たけしのニッポンのミカタ!』など。となれば、普通に考えると金曜の『ニッポンのミカタ!』がそのまま金曜夜10時枠で放送され、他は深夜枠に追いやられることになる。だが、そうはいかないという。

「ビートたけしの冠番組である『ニッポンのミカタ!』は、曜日は未定ながら11時枠に繰り下がるといわれています。たけしサイドとしては深夜番組に変わるので悔しいのでは」(テレビ局関係者)

 番組編成で視聴率が高くなる傾向があり花形なのは、もちろん夜7~10時のゴールデンタイム。その次が夜7~11時のプライムタイム、そして夜11時以降が深夜番組という序列で区分けされる。そして今回のテレ東の改編で『ニッポンのミカタ!』に代わり金曜夜10時枠にスライドするのは、『ガイアの夜明け』が有力だという。

「テレ東の夜10時枠の5番組の中で一番評価されているのが、20年近く続いている『ガイア』です。テレ東にとっても名物番組のひとつになっています。夜11時への“降格”ではなく、曜日を金曜にスライドして放送時間は10時のままという“ステイ”は妥当な判断かもしれません」(同)

『WBS』の夜10時進出で、“たけし”が弾き出され、“ガイア”は死守――となりそうというのだ。果たしてこの判断は吉と出るか。

(文=編集部)

 

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合