生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」、auの「povo(ポヴォ)」。2021年3月から始まる大手キャリア3社の格安新プランが出揃った。月20GB+1回5分かけ放題込みで月額2,980円という破格の料金は非常に魅力的だが、実は、今までの料金プランとは大きく異なる部分がある。そこで今回は、契約したあとに後悔しないように、大手キャリア3社の格安新プランの知られざる5つの罠を紹介しよう。

安さだけに注目しているとヤバいことに!

安さだけで選ぶと後悔する!? スマホキャリア3社格安新プランの5つの罠とは!の画像1

 2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円の格安プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。これに対しソフトバンクはLINEモバイルを吸収して「Softbank on LINE」を、auはかけ放題をオプションとした月20GBで月額2,480円と最安値の新料金プラン「povo (ポヴォ)」を発表して対抗した。月額5,000円~1万円近くかかった従来のスマホ料金に比べれば驚異的な安さなので、2021年3月のサービス開始時にはどこに乗り換えようか、今から迷っている人も多いだろう。  し…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合