生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年に巻き起こったコロナ禍で、世界中でテレワークが推奨されるようになった。そこで存在感を急拡大していったのが、「Zoom」をはじめとしたWeb会議システムだった。人が対面で会いづらくなっても、客先との交渉や社内の会議などビジネスシーンでは打ち合わせが欠かせない。そのため、Web会議は日本でも大流行したのだった。
今回は、Zoomが拓くWeb会議の未来について見つめていきたい。

2020年に広くユーザーを開拓したZoom

Zoomの進化が止まらない! 新機能「背景ぼかし」などの追加でさらにユーザー数が増加するの画像1
世界中でその有用性に気づいた人が増え続けている

 Zoomといえば、2020年のYahoo!検索大賞で「Zoom」が流行語部門賞に選ばれ、流行語大賞でも「Zoom映え」がノミネートされた。加えて、自宅からWeb会議で会話をしながら仲間と酒を飲む「Zoom飲み」という単語も市民権を得たのは記憶に新しい。「Google Meet」や「Microsoft Teams」といった大企業のサービスを差し置いて、たった1年で「Web会議システムの代表サービス」というポジションを不動のものとしたのだった。

 Zoomはそのサービスの特徴として、「ユーザーフレンドリー」という要素があることは見逃せない事実だ。…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合