ゆきぽよ、事務所幹部が「ケンカ腰でクレーム」「上から目線」の悪評! テレビ関係者は「めるる起用が増加」と判断の画像1
ゆきぽよ公式プロフィールより

サイゾーウーマンより】

 1月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、“ゆきぽよ”ことタレントの木村有希と親密関係にあったとされる男性・X氏が、コカイン使用で逮捕されていたと報道。ネット上では、ゆきぽよに対するネガティブなイメージも広がっているようだが、業界関係者によると「彼女は、この騒動以外の影響で雲行きが怪しくなっている」との声もあるという。

「ゆきぽよといえば、2017年に恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ配信)に出演して注目を浴び、以降はギャルタレントとして活躍。バラエティ番組では、過去の“ヤンチャ話”を武勇伝的に披露することもありましたが、今回の『文春』によれば、彼女の身近な存在であったX氏は、19年にゆきぽよ宅で泡を吹いて倒れ、病院に搬送されたところ、薬物検査で陽性反応が確認されたそう。麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕され、後日、ゆきぽよも警察による自宅の強制捜査や事情聴取、尿検査まで受けていたといいます」(芸能ライター)

 また、X氏は18年にも詐欺容疑で逮捕されていたとのこと。ゆきぽよ自身のスキャンダルではないものの、犯罪歴のある反社会的勢力の人物と親密関係にあっただけに、ネットユーザーの間では「可愛いギャルだと思ってたけど、犯罪者とつるんでいたとは」「本当に“シロ”なのか?」といった疑念が生じている。

「藤田ニコルや池田美優らとともに、“ギャル系タレント”のくくりでバラエティ露出も多いゆきぽよですが、今回の“文春砲”があろうとなかろうと、もともと業界内では『あまり関わりたくない』と言われつつありました。ゆきぽよ自身というより、所属事務所が問題視されていたんです」(テレビ局関係者)

 ゆきぽよは、「デルタパートナーズ」という事務所に所属しており、同社の公式サイトでは、彼女を「看板タレント」として紹介している。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合